「20代前半でのクビも仕方ないと…」悩める平川忠亮を浦和のバンディエラに押し上げた存在

カテゴリ:Jリーグ

河野 正

2021年07月22日

加入1カ月の時点では不安に駆られていた

18年シーズン限りで現役を引退した平川。今年7月22日に引退試合を開催する。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

「平川、石川、羽生の1年生は別格の存在で、ちょっとモノが違いました。全国には推薦枠で筑波大を志望する優秀な高校生がたくさんいましたが、その中でも彼らは飛び抜けた素材でしたね」

 平川忠亮や石川竜也、羽生直剛が筑波大学に進学した1998年、蹴球部のヘッドコーチだった菊原伸郎・埼玉大学准教授はこう回想する。

 1年生から活躍した平川は、全日本大学選抜では主将としてチームを束ね、2001年のユニバーシアード北京大会優勝に寄与。複数のJリーグクラブから誘われ、02年に盟友・小野伸二も在籍した浦和レッズに加入した。私は「02年」というのが平川にとっては時機到来で、浦和を代表する選手に栄達できた要因のひとつだと思っている。ハンス・オフト監督が就任したからだ。

 彼は参謀のビム・ヤンセンコーチとともに、トップチームの強化と並行して人材の育成に力を注ぎ、才気煥発な若手を次々と登用。平川と同期の坪井慶介をはじめ、2つ下の鈴木啓太と山瀬功治、3つ年少の田中達也、4つ下の長谷部誠はいずれもオフト監督の指導によって一流選手へと歩み始めたのだ。

「先日の練習試合でたまたまアピールできましたが、それまでは20代前半でクビになっても仕方ないと思っていました」
 
 鹿児島県指宿市での強化合宿で、新人の平川を何度か取材したなか、この言葉はとても興味深く、後年思い返してみると驚きでもある。浦和に17年も在籍し、引退試合まで用意してもらった男が、加入1カ月の時点ではこんな不安に駆られていたのだから。

 その一方でプロフットボーラーとしての野心も忘れず、「山田さんに競争で勝って試合に出たい。右サイドにはこだわっているけど、チャンスを与えてもらえば違うポジションもこなせる選手になりたいですね」と当時、SBとしてもウイングバックとしても、不動の右サイドだった山田暢久とのレギュラー争いにも闘志をたぎらせた。

 浦和でのキャリアの大半、平川は打倒・山田に照準を合わせていた。
 
【関連記事】
「絶対に浦和に帰りたい」長谷部誠が同期の平川忠亮に明かした欧州挑戦当初の想い。今後の日本復帰については…
「日本戦でこんなことは滅多にない」豪州指揮官は何に驚いたのか? 「ニッポンが最も技術的に優れているから…」
「本気で可愛すぎる」福岡チアリーダー・Ayaが魅せた“癒しショット”が大反響!「相変わらずの破壊力」
【セルジオ越後】五輪のキーマンは堂安。スペイン相手に決めたゴールは、勝ち抜く上で大きな武器になる!
「クボがスペインを壊す」久保建英の圧巻アシストに敵国メディアも感嘆!「アンチェロッティが注目」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ