【セルジオ越後】五輪のキーマンは堂安。スペイン相手に決めたゴールは、勝ち抜く上で大きな武器になる!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月17日

相手が圧倒的にボールを保持しても凌いで凌いでワンチャンスをモノにすれば、試合には勝てる

日本の先制点を叩き出した堂安。苦しい展開で味方を助けるゴールとなった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 オリンピック前の最後のテストマッチは、優勝候補のスペインを相手に1-1の引き分けとなった。相手は頭からベストメンバーではなかったし、決して勝ちに来たわけじゃなかったけど、本当に強かった。本番では、こういう相手に勝っていかなくてはいけないわけで、大会前に経験できたのは良かったんじゃないかな。

 前半は堂安のゴールでリードして折り返したけど、正直実力はかなりの差があることを見せつけられる結果になった。これまでのように大量点で勝てるような相手とは大違い。もっと早くこういう相手とテストマッチをやりたかったところだね。

 後半はお互いに多くの選手を入れ替えたけど、スペインは選手の顔ぶれが大きく変わってもパフォーマンスの質が落ちない。日本はどんどんミスが増えてピンチも数多く迎えた。なんとか粘り強く守って1失点で終えたけど、これもまたサッカーで、相手が圧倒的にボールを保持しても凌いで凌いでワンチャンスをモノにすれば、試合には勝てるんだ。スペインのような相手には、まだまだ日本が主導権を握るような戦いはできない。引いて粘り強く守って少ないチャンスをなんとか1点に結びつける。そういう戦いで勝機を見出せればいい。
 
 日本は後ろにオーバーエイジの選手を起用しているように、とにかく堅実な守備で簡単に点を与えず、少ないチャンスを活かすことを想定している。だから、スペイン戦のように先制点を取れば、この狙いは生きてくる。逆に、先に取られると厳しい状況に追い込まれてしまうのは明らかだ。

 ただし大会は相当な暑さのなか、中2日でこなさなくてはいけない。こういう試合が続いたら、目標の金メダルまでは厳しい道のりになるよ。おそらく、メキシコ、フランスはグループ内の強敵になる。どうしてもこの2チーム相手に勝点3が必要な状況になると、やはりボールを奪うためにそれだけ走力を擁する展開になり、体力的にも厳しくなってしまう。

 日本が上位まで勝ち上がるためにも、やっぱり重要なのは初戦の南アフリカ戦。この試合で勝ってこそ、メダルへの道も開けてくるよ。
 
【関連記事】
吉田麻也が語りたかったテレビコメントの続きとは?東京五輪の無観客開催に「真剣にもう一度検討して頂きたい」
「ワールドクラスの一発だ」堂安律がスペイン代表から奪った豪快弾を海外メディアも絶賛!「すごいインパクト」
【U-24日本1-1U-24スペイン|採点&寸評】優勝候補から先制点の10番がMOM!奮闘したDF陣も高評価
「面白かったけど…」「ペドリ怖すぎる」五輪前最終試合は、優勝候補スペインとドロー! ファンの期待も高まる
「勝ち切れなかったのは残念だが…」難敵スペインとのドロー決着に、森保監督が語った課題と収穫は?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ