【五輪直前展望】三笘への期待と不安。そのどちらかが現実となるかでメダルの色は変わるだろう

カテゴリ:日本代表

浅田真樹

2021年07月21日

攻守両面でかなり練度の高いチームができあがった

延期となったこの1年間で最も大きく成長し、序列を上げた三笘。Jリーグで見せるスーパーな活躍を五輪の舞台でも披露したい。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 いよいよ開幕が目前に迫る五輪の男子サッカー。日本はグループステージで南アフリカ、メキシコ、フランスと対戦する。果たしてホスト国の日本は目標に掲げる金メダルを手にすることはできるのか。そのためのキーマンは? スポーツライターの浅田真樹氏に訊いた。

――◆――◆――

 日本は今回で7大会連続のオリンピック出場となるが、本番を前にこれほど順調に準備が進んだチームは過去に記憶がない。

 今年3月以降、海外組も日本に集めて国際試合を重ね、6月の活動からは早くもオーバーエイジ(OA)枠の3人を加えた。そして大会直前には、オリンピック出場国を相手に最終仕上げ。その結果、攻守両面でかなり練度の高いチームができあがった。

 日本に限らず、全世界が新型コロナウイルス感染拡大に苦しむなか、何もかもやりたいようにできたわけではない。当然活動に制限はかかっていた。それを考えれば、特に今年に入ってからの準備はパーフェクトと呼べるものだった。

 もちろん、細かい点について気になるところはいろいろとある。だが、限られた時間で作り上げる代表チームという性質を考えると、完成度はかなり高い。

 すでに五輪世代の選手の多くがヨーロッパでプレーしており、しかもA代表経験者も数多い。個々の能力の高さもさることながら、豊富な経験がチーム全体に余裕や落ち着きをもたらし、課題の発見と修正をすばやく繰り返すことができた結果だろう。

 周りを見渡せば、チーム編成にすら苦しむ出場国も少なくない。万端の準備にホームアドバンテージも加え、日本のメダル獲得の可能性はかなり高まった。あえて数字にするなら60パーセント。五分五分よりは高い可能性があると見ている。
 
 ポイントとなるのは、中2日の6連戦(決勝のみ準決勝から中3日)という過密日程を、いかにうまくこなすか。具体的に言えば、登録メンバーをフル活用し、うまく選手をローテションさせられるかどうか、だ。

 日本の選手は日本特有の蒸し暑さに慣れているとはいえ、特定の選手に負荷をかけ過ぎれば、準決勝以降の“メダルマッチ”でガス欠にならないとも限らない。4位に終わったロンドン五輪を振り返っても、初戦のスペイン戦で最高出力を発揮して優勝候補を倒したものの、その後は目に見えて動きが落ちていった。

 OAの3人にしても替えが効かない存在なのは確かだが、試合展開、あるいはグループリーグ全体の展開次第で、彼らを休ませながら勝ち上がれるようならベストだろう。
 
【関連記事】
「これが安心安全にプレーできる環境か」吉田麻也は海外記者からの問いに何と答えた?
「日本はトップ3に次ぐ高評価!」英老舗ブックメーカーが東京五輪・男女サッカーの“最終オッズ”を確定!
モデルやサッカー番組MCとして活躍! ジンチェンコの“超絶美人妻”ウラダとは――【“WAGs”pedia】
日本の金メダルの可能性は? スペイン紙の五輪担当記者に訊く「優勝候補5か国に次ぐ存在、ニホンに勝つには骨が折れる」
「メダル候補は5か国だ」男子五輪サッカーの覇権争いを米紙が展望! 要注目選手には久保建英の名も

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ