「だからここに来ると決めた」ミラン加入のジルー、“呪いの9番”を選択! 移籍決断の理由は?

カテゴリ:移籍情報

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年07月18日

イブラヒモビッチについては…

“いわくつき”の9番をチョイスしたジルー。ジンクスを打ち破れるか。(C)Getty Images

画像を見る

 呪いを解くことができるかどうかは分からない。確かなのは、オリビエ・ジルーが小さい頃に憧れた選手たちのクラブで、大きな目標を成し遂げたようと意気込んでいることだ。

 ミランは7月17日、チェルシーからフランス代表ストライカーを獲得したことを発表した。ズラタン・イブラヒモビッチの相棒、あるいは10月で40歳になる同選手の代役として、前線に経験をもたらすことが期待されている。

 アーセナルでは253試合出場で105得点、チェルシーでは119試合出場で39得点、フランス代表では110試合出場で46得点。ゴールを量産し、チャンピオンズ・リーグ(CL)やワールドカップも制してきたジルーだが、ミランのサポーターは背番号に不安を覚えているかもしれない。

クラブの発表によると、ジルーは背番号9を選んだ。ストライカーの番号だが、ミランではフィリッポ・インザーギの引退以降、9番を纏って活躍したアタッカーがおらず、「呪い」と騒がれているのは周知のとおりだ。

 だが、イタリア衛星放送『Sky Sport』によると、ジルーはクラブ公式チャンネルで「ミランはハイレベルで競い、スクデットを争い、チャンピオンズ・リーグで素晴らしい戦いをするにふさわしいと思う」と述べた。

【動画】ミランが公開したジルーのウェルカムムービー
「数週間前に、(元チェルシーの同僚で現ミランの)フィカヨ・トモリと話して、彼に『スクデット獲得のために助けてくれるのを待つ』と言われたんだ。あまりプレッシャーをかけたくはないが、もちろん1位を目指す」

 そして「もうすぐ35歳だけど、自分はまだ若いと感じている」と続けた。

「小さい頃のアイドルはジャン=ピエール・パパン、アンドリー・シェフチェンコ、そしてもちろんパオロ・マルディーニだ。ミランは僕に夢を見させてくれた。多くの偉大な選手が、これほどの欧州の名門でプレーしたんだ。素晴らしい伝統がある。だからここに来ると決めた。一緒に大きな目標を達成できるように願っているよ」

 イブラヒモビッチについて、ジルーは「何度か対戦したけど、40歳でまだプレーしている。素晴らしいプロフェッショナルだ」と賛辞を寄せている。

「努力や気合なしに、このレベルであの年齢ではやれない。身体が許す限り自分も続けたい。若手の模範になれるよう願っている。待ち遠しい。楽しみたい」

 若さにイブラヒモビッチやシモン・ケアの経験が加わり、セリエAを2位で終え、久しぶりにCLの舞台にも戻ってきたミラン。さらにジルーという世界王者も加えた“赤い悪魔”の新シーズンに注目だ。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
【関連記事】
9年で10人が失敗! ミランの「背番号9は活躍できない」ジンクスを覆すのはジルー?
「僕も負けないように」セルティック移籍の古橋が告げた想いとイニエスタからのメッセージ
「フロントは細心の注意を払っている」鎌田大地にミラン行きの可能性が浮上? 伊メディアが報じる
「だから、とても難しい」冨安健洋の移籍にボローニャ幹部が言及! 伊メディア記者は嘆き節「つらい放出だ」
スペイン指揮官に強い印象を残したCB冨安健洋。「非常に重要な選手」と言わしめた理由は?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ