なでしこジャパンはメダルを獲得できるのか。“幸運な勝利”の裏で露呈した課題に感じた不安

カテゴリ:日本代表

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2021年07月15日

「最初はオーストラリアの勢いに後ろ向きになることが多かった」

周囲と連動できず、やむなく単独突破を仕掛ける場面が多かった長谷川。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

「これまで、なかなか思うような相手と試合が組めなかった」

 オーストラリア戦を前に、なでしこジャパンを率いる高倉麻子監督はそう本音をこぼした。

 4月と6月に組まれた4つの強化試合では、いずれも大量得点で圧勝。大会前に男子高校生と練習試合を組んだのも、強度の高いゲームをしていないという危機感からだろう。そういう意味では、五輪前最後の試合となったこのオーストラリア戦は、格好の相手と腕試しができる機会となった。

 左サイドバックで先発した宮川麻都が「最初は、オーストラリアの勢いに後ろ向きになることが多かった」と語ったように、序盤からスピードとパワーで上回る相手に押し込まれる展開が続く。4―4―2のなでしこに対し、オーストラリアは3-4-3だったため、ミスマッチが生じ、相手のウイングバックをフリーにしてしまい、簡単にクロスを上げられてしまう場面が散見された。

 熊谷紗希と南萌華のCBコンビが水際で防ぎ、また山下杏也加の対応も安定していたため、大事には至らなかったが、相手のクロス精度が高ければ、失点していてもおかしくなかった。

 右SBの清水梨紗が1対1で寄せ切れず、クロスを放り込まれたシーンもあったが、体格で劣る日本は、まずクロスを上げさせないことが重要だ。本番で対戦するカナダやイギリスもオーストラリアと同様にフィジカルが強いため、命とりになりかねない。

【五輪代表PHOTO】五輪への切符を掴んだ”シンデレラガール”!攻守にハードワークする塩越柚歩!
 ミスマッチは、逆に日本にとっても利点があった。この試合から10番を背負ったエースの岩渕真奈がフリーになり、いい形でボールを受けられたのだ。だが、そこまでは良かったが、本人が「攻撃が淡泊だった。もう少しバリエーションを増やしていきたい」と振り返ったように、最後の30メートルでのアイデアと精度が不足していた。

 もちろん、これはひとりの責任ではなく、チーム全体の問題だ。合宿の疲れがあったのか、岩渕が「夜のわりに想像よりもキツかった」とこぼした暑さのせいなのか、やや全体的に身体が重い選手が多いように感じられた。

 なでしこらしい、複数人が連動する流れるような攻撃は皆無で、左サイドの長谷川唯が単独突破を試みては阻まれるシーンが象徴的だった。

 一方で、交代で入った選手たちは躍動感があり、とりわけ岩渕に代わって2トップの一角に入った遠藤純は、推進力のあるドリブルとパワフルな左足のシュートで小さくないインパクトを残した。このレフティが切り札としてベンチにいるのは心強いが、先発起用でも面白い。この日のパフォーマンスで、高倉監督も頭を悩ませるはずだ。

 ハンドで得たPKを岩渕が決め、結果的に1-0で勝利したものの、勝ったことで課題がうやむやになってはいけない。身体を張った守備で1点を守り切ったのは評価できるか、まだ修正すべきポイントは少なくない。メダル獲得が目標ならなおさらだ。

 このまま本番に突入して本当に大丈夫なのか。幸運な勝利よりも、露呈した課題に不安を感じた一戦だった。

 取材・文●江國森(サッカーダイジェストWeb編集部)

【五輪代表PHOTO】サンガスタジアムに駆けつけた日本代表サポーターを特集!
【関連記事】
「日本戦でこんなことは滅多にない」豪州指揮官は何に驚いたのか? 「ニッポンが最も技術的に優れているから…」
「色っぽい…」なでしこ塩越柚歩が披露した“肌見せ”初モデルショットにファン大反響!「攻めましたね」
【なでしこジャパン1-0オーストラリア|採点&寸評】MOMは最後の砦となった主将。途中出場の12番と守護神も最高評価!
「日本代表の試合を見るのは楽しい」英紙記者がなでしこを称賛! 豪州チームへの評価は…
格上の豪州相手にクリーンシート! なでしこ守護神・山下杏也加は日本を象徴するGKを目指す

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月11日号
    10月28日発売
    市場を賑わすのは誰だ!?
    2022 J移籍
    注目候補「30人」
    憲剛×風間対談もお届け
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ