「日本代表の試合を見るのは楽しい」英紙記者がなでしこを称賛! 豪州チームへの評価は…

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月15日

「まとめるのが難しい試合だった」

前半と後半で全く違うチームのように躍動した豪女子代表。本番ではニュージーランド、スウェーデン、アメリカと対戦する。 写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 なでしこジャパンは7月14日、サンガスタジアムで、FIFAランク9位の強豪オーストラリア女子代表と対戦し、1対0で勝利を収めた。

 この試合を見守っていた、英紙『The Guardian』オーストラリア版のエマ・ケンプ記者は、速報でこの結果を伝えつつ、「文章でまとめるのが難しい試合だった」と総評を綴っている。
 
「マチルダ(※豪女子代表の総称)の視点では、悪くはなかった。素晴らしくもなかった。いい場面もあったが、ほとんどの場面で実行力に欠け、11本のシュートのうち1本しかターゲットに届かせることができなかった。後半、トニー・グスタフソン監督は大量の選手交代をして、それは功を奏したと言える。

 だが、この時点では21日に行なわれるオリンピック開幕戦ではどのようなメンバーで臨むのか、ますますわからなくなった。ニュージーランド戦での先発メンバー発表では、ジェットコースターのような展開になるかもしれない」

 豪州をこのように評したケンプ記者は、対戦したなでしこジャパンについては「日本代表のプレーを見るのはいつでも楽しい」と綴り、「マチルダを破ったのはさすが」と称えている。

 敗れたものの、なでしこジャパンと好ゲームを繰り広げたオーストラリア代表は、グループGに配され、ニュージーランド、スウェーデン、そしてアメリカと対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部。
 
【関連記事】
「一番高いところまで昇り詰めたい」豪州戦勝利のなでしこJ、高倉監督が五輪金メダル獲りへ意欲!
「マナドーナさすがやわ~」「勝ったけど…」なでしこがオーストラリアに辛勝! ファンは期待と不安のせめぎ合いに
【なでしこJ予想スタメン】ベースは4-4-2。抜群の勝負強さを誇る塩越柚歩は右サイドの先発最有力
【なでしこジャパン】“鮫島外し”に見た高倉イズム。指揮官が最後の最後まで貫いたスタンス
エース岩渕真奈へ、高倉監督はなぜ今「10番」を託したのか? なでしこで象徴的なのは「やはり澤さん」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ