トゥヘルのCL制覇で、解任を咎められたパリSGのレオナルドSD。監督や選手と次々に対立、失策続きで立場が危うく…

カテゴリ:メガクラブ

リカルド・セティオン

2021年07月09日

「賢明なSDであればこんなことはしない」

トゥヘル(右端)の解任に端を発し、立場が危うくなっているレオナルドSD(左)。(C)Getty Images

画像を見る

 チェルシーがビッグイヤーを天に掲げた時、パリ・サンジェルマンのサポーターは怒りの声をあげた。なぜなら彼らをヨーロッパの頂点に導いたのは、ほんの数か月前までパリSGを率いていたトーマス・トゥヘルだったからだ。

 一方、トゥヘルを失ったパリSGは、チャンピオンズ・リーグ(CL)は準決勝でマンチェスター・シティに敗れ、リーグ・アンでも1ポイント差で優勝をさらわれた。それも相手は、リヨンやマルセイユといった名門ではなく、リールである。フランス・カップだけはどうにか手に入れることができたが、世界で一、二を争う金満チームとしては納得できない結果である。

 その怒りの矛先は、そのままSDのレオナルドへと向かった。なぜならトゥヘルは彼のせいで出て行ったからだ。

 事の発端は昨シーズンにチアゴ・シウバの契約が更新されなかったことまで遡る。トゥヘルにとって彼は、なくてはならない守備の要だったが、チームは「チアゴ・シウバは35歳、年齢が上すぎる。もっと若いディフェンダーが欲しい」と契約更新を拒否。この方針に不満を持ったトゥヘルは、公の場でこう発言した。

「彼は私のチームの柱のひとりでありキャプテンでもある。だからチームに契約を更新してくれと依頼したのに、ノーと答えた」

 この発言がレオナルドの逆鱗に触れた。選手の獲得・放出はレオナルドが責任者であり、トゥヘルに公の場で批判されたのも同然だったからだ。

 トゥヘルの方もこれ以降、レオナルドにまったく忖度をしなくなった。負ければT・シウバがチェルシーに行ってしまったからだと嘆き、トマ・ムニエやエディンソン・カバーニも手放し、パリSGは弱くなってしまったと繰り返した。
 
 レオナルドは完全に頭にきて、かくして全面戦争が始まった。トゥヘルが「レオナルドは大きな過ちをした。賢明なSDであればこんなことはしない」と記者に話せば、レオナルドはこう応酬した。

「トゥヘルが言ったことは理解できないし、気に入らない。チームとしても大変に遺憾だ。何か罰則を科す必要がある。不満があれば話し合いをすればいい。それをするには何の問題もない。ただし自分もこのクラブの一員であるならば、チームや幹部の決定をリスペクトするべきだ」
【関連記事】
「情けないのは親の教育」トルシエの元通訳が仏代表2選手の日本人差別疑惑に見解「それが面白いと信じている」
「アジア人全体を差別」バルサFWの“日本人侮辱”への謝罪コメントに中国のファンが激怒!「なんて戯言だ」
ポグバのミスを責め、エムバペを「ごう慢」呼ばわり…フランス代表の家族がスタンドで大口論!
「バルサに行くと思っていたが…」ヴァイナルダムはなぜパリSG移籍を選んだのか?「難しい選択だった」
「稼ぎたいならそうすればいい」パリSG移籍濃厚のドンナルンマにイタリアの伝説GKがチクり!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月2日発売
    恒例企画
    2021-2022シーズンの
    BEST PLAYER
    世界の識者たちが徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ