• トップ
  • ニュース一覧
  • 韓国のエースにしてやられた…冨安健洋が忘れられない7年前の衝撃。成長を促した敗北と出会い【五輪代表エピソード】

韓国のエースにしてやられた…冨安健洋が忘れられない7年前の衝撃。成長を促した敗北と出会い【五輪代表エピソード】

カテゴリ:日本代表

安藤隆人

2021年07月08日

2014年のU-16アジア選手権で世界大会を懸けて韓国と対戦。エースのイ・スンウと対峙し…

U-16日本代表当時の冨安。アジア選手権では、韓国の前に涙をのんだ。写真:安藤隆人

画像を見る

 堂安律が刺激を受けたように、冨安健洋もまた2014年にタイの地で大きな衝撃を受けた。

 U-16アジア選手権2014において、98ジャパンの守備の要だった冨安はU-17ワールドカップ出場権がかかった準々決勝の韓国戦にCBとしてスタメン出場。42分にカウンターを受けると、中央で韓国のエースであるイ・スンウにボールを収められてドリブルを仕掛けられた。この時点で冨安は後手に回り、中途半端に食いついてしまったことで、裏が空いてしまった。そのスペースに走り込んだ選手に展開をされると、今度はその選手に反応してしまい、ゴール前に飛び込んできたイ・スンウを完全フリーにしてしまった。結果、折り返しをゴールに蹴り込まれてしまった。この間、彼は完全にボールウォッチャーになってしまっていた。

 極め付けは47分。後半立ち上がりという集中しなければいけない場面で、ハーフウェイライン手前でイ・スンウにターンで前を向かれると、そこからスピードに乗ったドリブルを繰り出され、手が付けられない状態に陥ってしまった。
 
 ぐんぐん加速してくるイ・スンウに対し、冨安はズルズルとラインを下げながら、ドリブルコースを切ろうとした。彼の横にはCB下口稚葉(現・ファジアーノ岡山)が、イ・スンウの背後からは堂安が追いかけてきているという、いわば数的優位の状態だったが、「どっちがアプローチに行くのかが曖昧になってしまい、一瞬迷ってしまった」と口にしたように、ボールホルダーに対して誰もボールにプレスに行けない『お見合い状態』に。彼と下口の間を打ち抜かれると、飛び出してきたGKも交わされ、無人のゴールに試合を決定づける2点目を決められてしまった。

 約50メートルの単独突破による失点。映像で振り返れば、いくつかイ・スンウを止めるチャンスはあった。だが、悉くそれを逃し、最悪の結果がもたらされた。

「一瞬の隙を突かれるということがどういうことか分かりました。判断、パワー、スピードなどまだまだ足りないものが多いと感じたので、これから今日の経験を常に思い出しながら、日頃の練習に全力で取り組んでいかないといけないと感じました」

【日本代表PHOTO】東京オリンピックに挑む、選ばれし22選手を紹介!
【関連記事】
16歳の堂安律に衝撃を与えた韓国のエース。「無力さを感じた」痛恨の敗戦から磨き続けた個の力【五輪代表エピソード】
全盛期のPL学園野球部で春夏準優勝… 旗手怜央、父から譲り受けた身体能力と、人生を照らした言葉【五輪代表エピソード】
ガンバではユース昇格ならず…“ビースト”林大地の闘争心に火をつけた履正社の仲間たち【五輪代表エピソード】
「なんだこれは…」衝撃大敗の“青森山田戦”が転機に。複数Jクラブも注目の米子北ボランチが描く成長曲線
【U-24日本代表 全選手プロフィール】東京五輪に挑む18人の経歴、世界経験、プレースタイルは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ