全盛期のPL学園野球部で春夏準優勝… 旗手怜央、父から譲り受けた身体能力と、人生を照らした言葉【五輪代表エピソード】

カテゴリ:日本代表

安藤隆人

2021年06月23日

KKコンビの1学年上でショートとして活躍した父

静岡学園高時代は10番を背負い、不動のエースとして君臨。写真:安藤隆人

画像を見る

 川崎フロンターレで左サイドバックを経験し、DFとして東京五輪の最終メンバーに入った。旗手怜央は今回招集されたメンバーの中でも特殊なケースになるかもしれない。

 彼の出身は技巧派集団で知られる静岡の名門・静岡学園。高校時代、ストライカーとして君臨した彼のドリブルは、瞬間的なスピードと繊細なボールタッチを刻む一方で、低い重心と強靭な足腰を活かして、時には重戦車のような馬力溢れる野性的なドリブルも披露するのが特徴的だった。

 彼の父親は元高校球児。大阪の名門・PL学園が全盛期の頃で、清原和博と桑田真澄の『KKコンビ』の1学年上であり、ショートとして甲子園にも出場し、春夏共に準優勝を経験している。

 少し野球の話になるが、ショートというポジションは非常に技術が求められるポジションだ。旗手の父は上背こそ息子の怜央より低かったが、ベースとなる身体能力の高さに加え、努力で身に付けたボールの軌道を読む目としなやかな身のこなし、繊細なバッティング技術で名門の豪華ラインナップの中に名を連ねた。競技は違えども、彼のフィジカルコントロール能力の高さはまさに父親譲りと言えよう。

「父はいつも自分のやりたいこと、自分の決断を尊重してくれる。私生活の面やメンタル面でもすごく参考になるアドバイスをもらえますし、僕の身体能力は父から譲り受けたものだと思うので、本当に感謝しています」と語ったように、彼は尊敬する父の教えを大切にして、大好きなサッカーに打ち込んだ。
 
 順天堂大に進んでもFW、トップ下と前線のアタッカーとして、ドリブルやスペースへのランニングなど縦への推進力を磨き続けた。大学では前線からの守備のやり方、1.5列目で自由に動き回り攻撃全般に関わる働きを学んだ。

 そして川崎フロンターレに進むと、アタッカーとしての力も発揮したが、昨季の終盤に右サイドバックでプレーする機会を得た。そこで旗手は後ろから全体を見渡しながらボールを受けてドリブルを仕掛けるアプローチでも、十分に自分の力を発揮できるのではないかと、自分の新たな可能性を見出した。

【日本代表PHOTO】東京オリンピックに挑む、選ばれし18選手を紹介!
【関連記事】
16歳の堂安律に衝撃を与えた韓国のエース。「無力さを感じた」痛恨の敗戦から磨き続けた個の力【五輪代表エピソード】
【セルジオ越後】本気で「金メダル」を獲る強化をしてきたの? 五輪本番はOAを中心にしぶとく勝ち抜け
【東京五輪代表のスタメン予想】OAに久保、堂安ら8人はほぼ不動。最も予測が難しいのは…
【五輪代表エピソード】「正直、『逃げた』部分もあります」三笘薫はなぜ筑波大経由でのプロ入りを選んだのか?
【五輪代表メンバー決定!】「まだまだ足りない」上田綺世が磨き上げてきた得点力。自身の目指す「本物の成長」とは?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月4日発売
    ハーランド世代!!
    躍動する「2000年代生まれ」の
    若手逸材を完全網羅した
    「ヤングタレント大百科」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ