【J1採点&寸評】柏1-2横浜|前田が1G1Aの活躍ぶり。細谷は待望のリーグ戦初ゴール

カテゴリ:Jリーグ

鈴木潤

2021年07月04日

柏――ボールを持っても攻撃の形がなく…

【警告】柏=三原(54分)横浜=なし
【退場】横浜=M・ジュニオール(35分)
【MAN OF THE MATCH】前田大然(横浜)

画像を見る

[J1第21節]柏1-2横浜/7月3日/三協フロンテア柏スタジアム

【チーム採点・寸評】
柏 5.5
前半に数的優位を得たが、1人多いアドバンテージを活かしたとは言い難く、ボールを持っても攻撃の形がなく、逆に終盤に2失点して敗れた。

【柏|採点・寸評】
GK
17 キム ・スンギュ 5
ディフェンスラインの背後のスペースをよくケアしていたが、2失点目につながるミスは倒れている選手を見てプレーを切ろうとしたとはいえ、痛恨のミスだった。

DF
25 大南拓磨 5.5
背後のスペースに抜けるオナイウの速さにも対応し、途中まではよく抑えていた。ただ、先制された場面では不運にも足を滑らせてしまう。

DF
3 高橋祐治 5.5
ラインをコントロールして背後を狙う相手のアタッカーからオフサイドを取る。しかしビルドアップでは味方のパスを引き出す動きの少なさと、横浜のハイプレスもあって、最後尾から良い配球ができず。

DF
4 古賀太陽 5.5
11分、瀬川のフィニッシュにつなげたスルーパスは見事。他にも縦パスを含めビルドアップでは光るプレーがあったものの、先制を許した場面では前田のスピードと抜群のコントロールに屈した。
 
DF
6 高橋峻希 5.5(63分OUT)
右サイドのスペースへ駆け上がっていくアグレッシブな姿勢は見せていたが、チームとして連動した攻撃ができずに決定機を演出するまでには至らなかった。

DF
20 三丸 拡 5.5(81分OUT)
11分、果敢なプレスバックでエウベルのシュートを食い止める。18分の攻撃参加とクロスは得点の気配がしたが、畠中の守備に阻まれた。

MF
8 ヒシャルジソン 6
相手のビルドアップに的を絞り、タイミングの良いインターセプトを何度も見せた。中盤の底で攻守に存在感を放つ。
 
【関連記事】
【J1】神戸が3位浮上、2位横浜はオナイウ&前田弾で5連勝!スイス移籍・川辺駿は国内ラストゲームを勝利で飾れず
「大然が大然してる」マリノス前田の鬼チェイスからの決勝弾に大反響!「走りまくったご褒美」
8戦未勝利の柏に希望はあるのか? 苦境打破には抜本的改革が必要だ
「最強コンビ」大迫勇也が元鹿島の“先輩”との貴重なツーショットを披露!「かっこよい素敵な2人」
27万人のファンがフランスの再試合を要求!エムバぺのPKを防いだGKの足がラインから外れていたと主張

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ