【横浜】自戒の念を込めて中澤が苦言。「サッカー偏差値が低かった」

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWEB)

2015年05月31日

数的優位になってからの戦い方に納得ができず。

最後の最後でパトリックに同点弾を許したが、42分の決定的なシーンを防ぐなど(写真)、試合を通じて中澤はタイトな守備を披露した。写真:田中研治

画像を見る

 日産スタジアムでの試合後のミックスゾーンに、最後に姿を現わすのは決まって中澤佑二だ。
 
 この日もそれは変わらなかった。ただ、足取りはやや重く、表情も険しかった。

【J1 PHOTOハイライト】1stステージ・14節

 アデミウソンのPKで幸先よく先制点を奪った横浜は、その後一進一退の攻防が続くなか、1-0のスコアを保ったままアディショナルタイムに突入する。
 
 リーグ5連勝はもう手の届くところにあった。自陣ペナルティエリア付近で与えたFKを凌ぎさえすれば……。
 
 90+5分、遠藤保仁の右足から放たれた精度の高いFKを、横浜守備陣は必死に食い止めようとした。しかし、混戦の中でパトリックの頭をかすめたボールは小林祐三に当たって、ゴールに吸い込まれてしまった。
 
 逃げ切り失敗――逆転優勝へ望みをつなぐためにも、痛恨のドローだった。
 
「辛口しか出ないですよ」
 
 そう切り出した中澤は、次のように試合を振り返った。
 
「引き分けどうこうは結果だからいいとしても、そこに至るまでのゲーム運びというか、相手が10人になってからの試合の進め方が、僕の中ではすごく納得いっていない」
 
 84分、齋藤学への悪質なファウルによりリンスがレッドカードで退場。横浜は最終盤を数的優位で戦った。
 
 にもかかわらず、だ。
 
「相手のほうが苦しいのにもかかわらず、なぜかF・マリノスのほうが苦しいような展開にしてしまった。もっとパスをつなげたと思うし、守備でももう少し積極的にボールを取りに行けたはず。全体的に、11対11と同じ状況で試合を進めてしまったのかな、と。攻守ともにもったいなかった」
 
 例えば、守るべきゴールからなるべく遠いところへボールを運び、確実に時計の針を進めるような時間稼ぎも必要だったのではないか。
 
「それもそうだし、ペナの周りでファウルをしないとか。10人になった時に、なにが一番、チャンスになるかと言えば、セットプレー。それを相手に与えないようにする。スローインにしても、(自陣ゴールから)遠くの場所でスローインをさせるようにする。スローインは相手がひとり少なくなるから、実際問題(すでにひとり少ないG大阪はピッチ上で)9人になる。そこでしっかり守備をすれば、(相手の)スローインもウチにとってはチャンスになる可能性もある」
 
 様々な角度から勝利の確率を高めるアプローチを口にした後、百戦錬磨のDFは自分自身をも戒めるように、静かに呟いた。
 
「サッカー偏差値が低かったのかな、と」

【警告】横浜=なし G大阪=なし【退場】G大阪=リンス(84分)
【MAN OF THE MATCH】パトリック(G大阪)

画像を見る

【関連記事】
【J1採点&寸評】横浜×G大阪|5連勝を目前に横浜が痛恨の失点。パトリックの劇的同点弾でG大阪が勝点1をもぎとる。
【横浜】赤い彗星からトリコロールのエースへ――中島賢星がプロとしての第一歩を記す!!
【横浜】新機軸3-4-3は最適解なのか?
【G大阪】日本代表初選出のCB丹羽大輝を横浜戦後に直撃! 「この年になって、初めてボールを蹴った小学生の頃の感覚でサッカーを楽しめている」
【FC東京】武藤がマインツに完全移籍。眠れない日もあったが、悩んだ末についに決断

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ