【セルジオ越後】韓国のグループが過酷?いやいや日本が入ったグループBのほうが難しいよ

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2021年07月01日

とにかく気になるのが中国の存在

南野は2次予選では7試合連続ゴール。難敵揃いの最終予選でもゴールを量産できるか。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 カタール・ワールドカップに向けたアジア最終予選の組分けが発表されたね。日本はグループBに入り、オーストラリア、サウジアラビア、中国、オマーン、ベトナムと同居した。一方でグループAは、イラン、韓国、UAE、イラク、シリア、レバノンとなった。

 世間では韓国以外に中東勢が揃ったグループAのほうが過酷だという意見が少なくない。確かに移動の面を考えたらグループAはしんどかったかもしれないね。でも僕はグループBのほうが突破するのは難しいんじゃないかと見ているよ。

 グループAではイランと韓国の2か国がやはり抜けた存在だ。これに次点のUAEを加えた3か国での上位争いが予想されるよ。でも日本が入ったグループBは、そうではないんだ。

 とにかく気になるのが中国の存在だよ。代表チームの強化を推し進めていて、現在5人の帰化選手を揃えているんだ。ブラジル出身のエウケソン、フェルナンジーニョ、アラン・カルバーリョ、そしてどちらもイングランドの世代別代表経験のあるブラウニングとイェナリス。彼らは2次予選でも活躍し、最終予選進出の大きな原動力となっていた。
 
 さらにはACLで散々Jクラブの脅威となってきたリカルド・グラールもすでに帰化していて代表招集の準備が進められていると聞くし、ストライカーのアロイージオなども招集が可能だ。

 中国はグループBのダークホースになり得る。つまり日本、オーストラリア、サウジアラビア、そして中国の4か国で2つの席を争う構図になるんじゃないかと僕は見ているんだ。

 それに中東勢は同じようなスタイルの国が多いから、韓国は相手の対策を練りやすいだろう。しかしグループBは、高さのあるオーストラリア、スピードのあるサウジアラビア、帰化選手の多い中国などバラエティに富んでいる。日本はそれぞれに対応した戦略が必要になってくるよ。
 
【関連記事】
【セルジオ越後】コロナ禍のACLは日本だけが本気? ベストメンバーで臨む意味などない大会だよ
【セルジオ越後】本気で「金メダル」を獲る強化をしてきたの? 五輪本番はOAを中心にしぶとく勝ち抜け
「最悪のグル-プ」韓国メディアが“オール中東”のW杯最終予選組み分けに嘆き! 天敵より日本と同組が良かった?
「お前、本当に日本人か」大迫勇也が先輩・内田篤人にブレーメン指揮官との“口論”を明かす!「言わないとダメじゃないですか」
「一番上手かったのは監督のジーコ」久保竜彦が選ぶ"日本代表・歴代最強ベスト11”が楽しい!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    2022年秋最大の衝撃!!
    ハーランド&
    レバンドフスキ
    完全攻略本
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ