【J1採点&寸評】鹿島1-1仙台|Jデビューの大型GKが好守連発。J・アラーノが起死回生の同点弾

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年06月21日

鹿島――犬飼は前半、相手2トップをほぼ抑え込んだが…

【警告】鹿島=D・ピトゥカ(65分)、犬飼(84分) 仙台=ストイシッチ(90+5分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】ストイシッチ(仙台)

画像を見る

[J1第18節]鹿島1-1仙台/6月20日/県立カシマサッカースタジアム

【チーム採点・寸評】
鹿島 5.5
仙台の6本に対して3倍以上となる21本のシュートを放ちながら、終了間際のゴールでドローに持ち込むのがやっと。相手GKを中心とした堅守に手を焼いた。

【鹿島|採点・寸評】
GK
31 沖 悠哉 6
失点シーンでは味方CBとの連係の不備を露呈してしまったものの、開始早々の決定的なピンチを好セーブで防ぐなど、試合の入りが良くなかったチームを落ち着かせた。

DF
32 常本佳吾 6
相手ゴールに向かう姿勢に溢れていたからだろう。セカンドボールが目の前にこぼれてくる状況が少なくなく、前半だけで3本のシュートを記録。そのうちの1本でも決めていたら、と思わずにはいられない。

DF
39 犬飼智也 5(86分OUT)
前半は積極的な潰しが奏功し、2トップにほとんど仕事をさせなかった。失点につながるバックパスは痛恨の極み。GKとの距離感を見誤ったか。
 
DF
28 町田浩樹 6
ミスを恐れているのか、前半はアグレッシブさに欠ける面が垣間見られた。1点を追いかける展開となってから、プレーにメリハリが出てきて、フィードも安定した。

DF
14 永戸勝也 5.5
セットプレーでは自慢の左足がうなったものの、流れの中ではどうしたことかゴール前の味方とシンクロせず、シュートにまで至るケースがほとんどなかった。

MF
4 レオ・シルバ 5(63分OUT)
ボールロストが散見され、持ち味であるはずのボールを奪い切るプレーもあまり披露できなかった。どこか身体が重そうだった。

MF
21 ディエゴ・ピトゥカ 5.5(86分OUT)
ボールによく絡んで、攻撃の経由地になっていた。チャンスにつながるパスを供給することもあったが、欲を言えば相手の守備ブロックをもっと右往左往させたい。
 
【関連記事】
「ニッポンではサッカー選手が“なりたい職業”の3位だが…」現地記者が明かした中国サッカーの実情と日本との違い
「あれ?ここって…」「おかえり!」香川真司が日本での自主トレ姿を公開! 国内ファンから大反響
「国外に出て、日本や韓国に勝てない理由が分かった」中国のエースが明かした“アジア2強”との違い「ニッポンは海外組だけで…」
「まじでバケモン!」「凄すぎて言葉にならない」6戦7発! 浦和ユンカーの冷静なループシュートに反響続々!
「カミングアウトします」元なでしこの横山久美がトランスジェンダーを公表。「隠さなくていいんだよと…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ