「神よ、お願いだ」ピッチに倒れ込んだエリクセンに、同じ経験をした元ボルトンMFムアンバも祈り。3日間の昏睡状態から奇跡的に回復

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年06月13日

UEFAが「安定した状態になった」と発表

9年前に心停止から生還したムアンバ(右)がエリクセン(左)に祈りを捧げた。(C)Getty Images

画像を見る

 同じ経験した男も神に祈りを捧げた。

 現地時間6月12日にコペンハーゲンで開催されたEURO2020のグループステージ第1節で、フィンランド代表との北欧対決に臨んだデンマーク代表のMFクリスティアン・エリクセンが、40分過ぎにピッチに倒れ込んだ。

 駆け付けたドクターがピッチ上で心臓マッサージをする事態となり、スタジアムは騒然。10分ほど治療を受けたエリクセンは担架に乗せられ、白い布でその姿を遮断された状態でピッチを後にした。

 その後、欧州サッカー連盟(UEFA)とEURO2002の公式ツイッターが「選手は病院に搬送されている。安定した状態になった」と発表。命に別状はなかったと伝えている(約2時間後に再開した試合は、フィンランドが1-0で勝利)。

【画像】心臓マッサージを受けるエリクセンを囲むデンマークの選手たち
 約9年前に同じような経験をしたのが、元ボルトンのMFファブリス・ムアンバだ。2012年3月17日、奇しくもエリクセンもプレーしたトッテナムの本拠地ホワイト・ハート・レーンで行なわれたFAカップで、当時23歳だったムアンバはプレー中に心停止状態となり、ピッチに倒れ込む。宮市亮(現ザンクトパウリ)などチームメイトが見守るなか、蘇生措置が施されたが、昏睡状態のまま病院に救急搬送された(試合は延期)。

 だが、たまたまスパーズファンの医者が居合わせ、適切な処置を行なったことが幸いし、2日後に奇跡的に意識が戻ったのだ。現役を続けることはできなかったが、今も元気に生活している。

 そのムアンバも、エリクセンの事態を目にし、自身のツイッターを更新。「神よ、お願いだ」と祈りを捧げた。

「安定した状態」になったとはいえ、しばらくは安静を余儀なくされるだろう。いまはただ、ムアンバのようにエリクセンが再び元気な姿を見せてくれるのを祈るばかりだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
【EURO展望|グループB】ベルギーの首位通過は揺るがない。注目はデンマークとロシアの2位争い
【EURO出場国紹介|デンマーク】大国にも見劣りしない陣容で4強入りを狙う“ダークホース”
「絶対に信じられない」「狂気の沙汰だ」久保建英のジャマイカ戦圧巻ゴールに、海外メディア驚嘆!
【数字が語るEURO2020優勝候補の「切り札」ベルギー代表編】デ・ブルイネにもルカクにも誰にも依存していない?
「こんなところでもユンカー効果!」フラッグショップでデンマーク国旗の注文が急増!「浦和サポおそるべし」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ