【EURO展望|グループB】ベルギーの首位通過は揺るがない。注目はデンマークとロシアの2位争い

カテゴリ:国際大会

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年06月12日

手の内を知り尽くすロシアと初戦を戦う

(左上から時計回りで)ベルギー、デンマーク、ロシア、フィンランド。グループBを突破するのは? (C)Getty Images

画像を見る

 ベルギーの首位通過は固そうだ。予選で最多40得点を量産したタレント軍団は、列強不在の組に入った本大会でもゴールラッシュを演じるかもしれない。

 エデン・アザールとケビン・デ・ブルイネのコンディションが心配されるが、ロメル・ルカクが引っ張る攻撃の質は水準を大きく上回っている。“2軍”で臨んだ3月のベラルーシ戦で8ゴールを叩き出したように、分厚い選手層も躍進を期待させる要因だ。予選時に2連勝し、手の内を知り尽くすロシアと初戦を戦う日程も追い風になりうる。

【動画】イニエスタも登場!EURO2016の超絶スキル集はこちら
 そのロシアはデンマークと2位の座を争うか。3年前のワールドカップで8強入りしたチームはベルギー以外の4か国に8戦全勝と、今予選で好結果を残した。ホームで戦う最初の2試合で着実にポイントを稼ぎ、敵地デンマークで迎える第3戦に備えたいところだ。

 一方、初出場のフィンランドに「大穴」以上の評価はつけにくい。クリスティアン・エリクセンやピエール=エミル・ホイビュアら中盤が多士済々のデンマークとの初戦で、どれだけポテンシャルを示せるか。初の大舞台で1勝できれば御の字だろう。

文●遠藤孝輔

※「ワールドサッカーダイジェスト責任編集 EURO2020展望&ガイド」から転載・加筆。

【動画】ピルロ、トッティ、元祖も登場!EUROで決まった超絶“パネンカ集”
【関連記事】
【数字が語るEURO2020優勝候補の「切り札」ベルギー代表編】デ・ブルイネにもルカクにも誰にも依存していない?
【EURO展望|グループA】中盤充実のイタリアが本命。その他の3か国は実力伯仲だ
【EURO出場国紹介|ベルギー】黄金世代と新世代が融合する優勝候補の一角。ただ、アザールとデ・ブルイネの状態以外にも不安材料が…
【EURO出場国紹介|デンマーク】大国にも見劣りしない陣容で4強入りを狙う“ダークホース”
【EURO出場国紹介|ロシア】CFジューバを中心に経験値は高い。GS突破の力は十分にある

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ