【EURO出場国紹介|デンマーク】大国にも見劣りしない陣容で4強入りを狙う“ダークホース”

カテゴリ:国際大会

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年06月07日

注目はビッグクラブでプレーする3人で構成する中盤

好タレントが揃うデンマークは躍進が期待される。(C)Getty Images

画像を見る

デンマーク(2大会ぶり9回目の出場)
・FIFAランク:10位
・EURO最高成績:優勝(1992年)
・前回大会:予選敗退
・予選成績:4勝4分け0敗/23得点・6失点(グループD 2位)

●マッチスケジュール(グループB)
6月12日:フィンランド(コペンハーゲン)
6月17日:ベルギー(コペンハーゲン)
6月21日:ロシア(コペンハーゲン)

―――◆―――◆―――

【動画】イニエスタも登場!EURO2016の超絶スキル集はこちら
 今大会のダークホースと目されているチームのひとつ。3月のワールドカップ予選では、グループ最大のライバルと見られているオーストリアにアウェーで圧勝(4-0)するなど、その戦いぶりが高く評価されている。

「結果は悪くないが、とにかく守備的すぎる」と一部で批判されたオーゲ・ハレイデ前監督の後を継いだキャスパー・ヒュルマンは、4-2-3-1システムを採用し、機能的なプレッシングをチームに浸透させ、「魅せるサッカー」を展開。

 キャスパー・シュマイケル(レスター)とシモン・ケア(ミラン)を中心とする守備陣は安定感抜群で、FWの迫力不足は否めないが、それでもミケル・ダムスゴー(サンプドリア)やヨナス・ヴィンド(コペンハーゲン)ら若手の成長もあり、前線の質と量は確実にアップした。

 また、クリスティアン・エリクセン(インテル)、ピエール=エミル・ホイビェア(トッテナム)、トーマス・ディレイニー(ドルトムント)で構成される中盤は大国にも見劣りせず、個々の実力はもちろんのこと、「連携面でもうまく機能しており、それぞれが良さを発揮している」と、指揮官も絶大な信頼を寄せる。

 目標のベスト4は射程圏内だ。

文●鈴木肇

※「ワールドサッカーダイジェスト責任編集 EURO2020展望&ガイド」から転載・加筆。

【動画】ピルロ、トッティ、元祖も登場!EUROで決まった超絶“パネンカ集”
【関連記事】
【EURO出場国紹介|ベルギー】黄金世代と新世代が融合する優勝候補の一角。ただ、アザールとデ・ブルイネの状態以外にも不安材料が…
【EURO出場国紹介|イタリア】中盤充実で26戦無敗を継続! 強敵相手に化けの皮が剥がれる可能性も…
「3か月半もボールを蹴らないでEURO?」ロイ・キーンが英代表ヘンダーソンの招集を非難! 本人は反論「批判を黙らせることは…」
S・ラモス、イブラ、ハーランドら超豪華! 英紙が「EURO不参加のベスト11」を発表!
【消えた逸材】EURO2004で史上最年少ゴール! “スイスの天才”はなぜ伸び悩んだのか?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ