【関塚隆の目】“意図”が読み取れたサイドの人選…そこに巧みに絡む久保は実に頭脳的だ【U-24日本対ジャマイカ戦】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2021年06月13日

ゴールまでの連係はさらに深められた

三笘(写真)と旗手、田中の川崎勢が組んだ左サイド。連係は良好だった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 U-24日本代表がジャマイカに4-0で勝利を収めた試合は、非常に収穫が多かった。

 まずは色々な方々の協力や努力があって有観客で試合ができたことは、東京五輪に向けて非常にポジティブだし、横内監督や選手たちがサポーターの後押しを好意的に受け止め、注目を浴びながら準備を進められているのは喜ばしいことだ。

 私が解説をさせてもらったEUROの開幕戦トルコ対イタリア戦でもサポーターが集まったスタジアムの雰囲気が印象的だったが、U-24代表の試合でも、そうしたスポーツの魅力を改めて感じさせられた。

 内容を見ても、得るものはたくさんあった。ジャマイカのディフェンスは連係が取れておらず、両ウイング下がって来ない。日本はそこを上手く利用し、サイドで数的優位を作って攻撃を仕掛けることができていた。テンポ、リズム、距離感の良いパスでスペースを突き、3人目、4人目が飛び出す連動した攻撃はスムーズだった。

 左サイドは三笘、旗手、田中碧のフロンターレトリオで、右サイドは堂安、酒井宏樹、遠藤航というA代表組で組んでいただけあって非常に流動的。そこにトップ下の久保が巧みに絡んでいく。すでに構築してあるコンビネーションを上手く活用する意図が読み取れた。ビルドアップからアタッキングサードにボールを運び、ゴールに結びつけるまでの連係は、U-24ガーナ戦とジャマイカ戦で、さらに深められたと思う。
 
 取るべき選手が点を取ったのも、ひとつの成果だ。カットインから3人か4人の股を抜いた久保のシュートは見事。大胆な選択をした決断力と、それを可能にする技術。彼は実に頭脳的であるし、類稀なタレント性を改めて感じさせた。

 またボランチの遠藤がゴール前に出ていってミドルシュートを突き刺した2点目、三笘のスルーパスから上田が抜け出してループシュートを決めた3点目、久保のターンから相馬、堂安とつないだ4点目。得点パターンが多彩だっただけでなく、いずれも偶然ではなく、しっかりと形成されたものだったことも素晴らしい。

 守備では吉田、町田、遠藤がどっしりと構えて中央を固めていて、ピンチらしいピンチはほとんどなかった。特に怪我の冨安に代わって先発した町田はJリーグで見せているような安定したパフォーマンスを見せていたのは好印象だ。
 
【関連記事】
【セルジオ越後】やる気があったのはピクシーだけ…そんな相手に持ち味を出せたのは伊東純也だけ
【U-24日本4-0ジャマイカ|採点&寸評】際立っていたオーバーエイジ2人を最高評価!MOMに選んだのは…
OA枠を最も効果的に使えるのは日本ではないか。「助っ人外国人のよう」と久保が評した3人の招集でメダルへの視界が開けた【ジャマイカ戦|戦評】
「日本は執拗に攻撃を仕掛けてきた」ジャマイカ紙が自国代表の大敗に落胆。「GKを脅かすことすら…」
「絶対に信じられない」「狂気の沙汰だ」久保建英のジャマイカ戦圧巻ゴールに、海外メディア驚嘆!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ