【EURO出場国紹介|ベルギー】黄金世代と新世代が融合する優勝候補の一角。ただ、アザールとデ・ブルイネの状態以外にも不安材料が…

カテゴリ:国際大会

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年06月02日

アザールは20年以降は代表戦出場が一度もない

好タレントがずらりと揃うベルギーは、初の国際タイトルを手にできるか。(C)Getty Images

画像を見る

ベルギー(2大会連続6回目の出場)
・FIFAランク:1位
・EURO最高成績:準優勝(1980年)
・前回大会:ベスト8
・予選成績:10勝0分け0敗/40得点・3失点(グループI 1位)

●マッチスケジュール(グループB)
6月12日:ロシア(サンクトペテルブルク)
6月17日:デンマーク(コペンハーゲン)
6月21日:フィンランド(サンクトペテルブルク)

―――◆―――◆―――

【PHOTO】海外番記者・識者が選んだ「ベルギー代表のレジェンド完全格付けTOP10」を厳選ショットで振り返り!
 近年の国際大会における躍進とビッグタレントの台頭で、トップレベルの仲間入りを果たした「新たな列強国」は、今予選でも圧倒的な力を発揮した。ロシアやスコットランドなど曲者揃いのグループを10戦10勝で首位通過。得失点数(+37)は予選参加国最高の成績だった。

 在任5年目のロベルト・マルティネス監督が志向するポゼッションベースの攻撃的スタイルは完成の域にあり、爆発力と安定感は出場国屈指だろう。

 中盤では、ユーリ・ティーレマンス(レスター)が一本立ちしたうえ、レアンドル・デンドンカー(ウォルバーハンプトン)やゼニス・プラート(レスター)ら「プレミア組」が大きく成長。1月にアキレス腱断裂の大怪我を負ったアクセル・ヴィツェル(ドルトムント)が万全な状態でなくても、戦力低下は食い止められそうだ。

 チャンピオンズ・リーグの決勝で鼻骨と左眼窩を骨折したケビン・デ・ブルイネ(マンチェスター・シティ)とともに気掛かりなのは、エデン・アザール(レアル・マドリー)の状態だ。度重なる怪我に見舞われ、20年以降は代表戦出場が一度もない。

 老朽化が進む最終ラインのスピード不足も懸念材料だ。守護神ティボー・クルトワ(R・マドリー)は健在ながら、裏を取られた時の対応に不安を残す。

 それでも、黄金世代と新世代が融合するベルギーが優勝候補の一角であるのは間違いない。

文●カーン・バヤズツ
翻訳●井川洋一

※「ワールドサッカーダイジェスト責任編集 EURO2020展望&ガイド」から転載・加筆。

【動画】ピルロ、トッティ、元祖も登場!EUROで決まった超絶“パネンカ集”
【関連記事】
【識者が選ぶプレミアのワースト11】ビッグ6から9人を選出!衝撃的な不調だったのが…
【EURO出場国紹介|イタリア】中盤充実で26戦無敗を継続! 強敵相手に化けの皮が剥がれる可能性も…
【EURO出場国紹介|ウェールズ】指揮官ギグスが暴行容疑で離脱。ベイルら“黄金世代”にも不安が拭えない
【EURO出場国紹介|スイス】主将ジャカを中心に、組織力や経験値は同組のウェールズやトルコを凌駕
「やはり超一流」EUROに出場するフェルマーレンを神戸・指揮官も称賛!一方で「難しくなる」と複雑な胸中も

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ