S・ラモス、イブラ、ハーランドら超豪華! 英紙が「EURO不参加のベスト11」を発表!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月27日

DFにはマドリーから2人が選出

『The Sun』紙が選出したEURO2020に出場しない選手にベスト11。(C)Getty Images

画像を見る

 新型コロナウイルスによる1年の延期を経て、現地時間6月11日にいよいよ開幕するEURO2020。各国の登録メンバー(候補)も続々と発表され、クリスチアーノ・ロナウド(ポルトガル)やキリアン・エムバぺ(フランス)らが順当に名を連ねたほか、カリム・ベンゼマ(フランス)やトーマス・ミュラー(ドイツ)といった大物の復帰も注目を集めている。

 だが、その一方で、まさかのメンバー外になった選手もいる。英紙『The Sun』は、予選で敗れた国の選手も含め、「EURO2020に参加しないスーパースターのベストイレブン」を選出。以下のように紹介している。

GK
ヤン・オブラク(スロベニア)

アトレティコ・マドリーでプレーするワールドクラスの守護神は、母国が予選で敗退したため、自宅から観戦することとなる。スロベニアは2010年の南アフリカ・ワールドカップ以来、主要な大会へ出場していない。
 
DF
アーロン・ワン=ビサカ(イングランド)

プレミアリーグで最も守備的なフルバックのひとり。彼が不選出となった一方、間違いなくキャリア最高のシーズンを過ごしたマンチェスター・ユナイテッドのチームメイト、ルーク・ショーは代表メンバーに名を連ねた。

セルヒオ・ラモス(スペイン)
直近はコンディション不良が続いており、キャプテンでありながら、メンバーから外れることになった。代わりにスペイン国籍を取得したばかりのマンチェスター・シティのエメリック・ラポルトが招集された。なお、スペイン代表にレアル・マドリーの選手は含まれていない。

フィルジル・ファン・ダイク(オランダ)
リバプールのスターは、昨年10月のエバートンとのマージーサイド・ダービーでジョーダン・ピックフォードに倒され、膝の靭帯を痛めて以来、シーズンを棒に振った。オランダはEURO2016と2018年のロシアW杯でも予選敗退しており、ファン・ダイクは主要大会に出場したことがない。

ジェローム・ボアテング(ドイツ)
バイエルン・ミュンヘンの守備の要は、次世代のスターを育成するために、ヨアヒム・レーブ監督から2019年にミュラーやマッツ・フンメルスらとともに国際舞台から追放された。EURO2020を最後に退任するレーブは、最後の大会に向けてミュラーとフンメルスを呼び戻したが、ボアテングは今季バイエルンで公式戦39試合に出場したにもかかわらず、そのような礼儀を受けることはなかった。

フェルラン・メンディ(フランス)
もうひとりのレアル・マドリーのスターは、今月初めに脛骨骨膜炎を発症したため、レ・ブルーのメンバーには入っていない。
【関連記事】
「今季たった6試合、恐ろしい」S・ラモス&ナチョのEURO招集外、シティDFの選出をマドリー寄りメディアが糾弾!「前代未聞だ」
崩壊した指揮官との蜜月関係。S・ラモス落選のスペイン代表は新たな黄金時代を築けるか
ベンゼマのEUROメンバー入りに、フランス全土が大興奮! 電撃復帰の舞台裏と新たな“懸念”【現地発】
「1番ノリに乗っている」稲本潤一が推すEURO大注目選手とは?ヘイセイ薮はリベンジに燃えるタレント軍団をプッシュ
【識者が選ぶプレミアのワースト11】ビッグ6から9人を選出!衝撃的な不調だったのが…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ