【EURO出場国紹介|イタリア】中盤充実で26戦無敗を継続! 強敵相手に化けの皮が剥がれる可能性も…

カテゴリ:国際大会

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年06月01日

マンチーニの下で予選は10戦全勝

2度目の戴冠を目指すイタリア。真価が問われるのは強豪との直接対決だ。(C)Getty Images

画像を見る

イタリア(7大会連続10回目の出場)
・FIFAランク:7位
・EURO最高成績:優勝(1968年)
・前回大会:ベスト8
・予選成績:10勝0分け0敗/37得点・4失点(グループJ 1位)

●マッチスケジュール(グループA)
6月11日:トルコ(ローマ)
6月16日:スイス(ローマ)
6月20日:ウェールズ(ローマ)

―――◆―――◆―――

【PHOTO】海外番記者・識者が選んだ「イタリア代表のレジェンド完全格付けTOP10」を厳選ショットで振り返り!
 2018年ワールドカップで実に60年ぶりとなる地域予選敗退を喫した大国は、いまだ復活の途上にある。

 再建を託されたロベルト・マンチーニ監督は、サッカー自体のモダナイズや陣容の若返りを図りながら、19年に臨んだEURO予選で10戦全勝と結果を残し、今大会での上位進出に希望を抱かせるところまで巻き返しを成功させている。

 丁寧に繋ぐポゼッションを基本とできているのは、いずれも技術力の高いジョルジーニ
ョ(チェルシー)とマルコ・ヴェッラッティ(パリ・サンジェルマン)にニコロ・バレッラ(インテル)が加わり、層の厚みも増した中盤の充実が大きい。

 ウイングを経由する縦に速いカウンターも繰り出し、26戦無敗を継続中(21勝5分け)で、その間の失点はわずかに7と堅守は数字が物語る。

 今大会はグループステージの組分けにも恵まれ、1位通過ならラウンド・オブ16でもお
そらく難敵は避けられる。真価が問われるのは、その先だ。現政権下では対戦実績の少ない真の強敵との直接対決で、化けの皮が剥がれ落ちるという不安も拭えない。

文●手嶋真彦(スポーツライター)

※「ワールドサッカーダイジェスト責任編集 EURO2020展望&ガイド」から転載・加筆。
【関連記事】
【EURO出場国紹介|ウェールズ】指揮官ギグスが暴行容疑で離脱。ベイルら“黄金世代”にも不安が拭えない
「とんでもない化け物」吉田麻也が脱帽したストライカーを内田篤人が明かす!「こいつはマジでナンバーワン」
【識者が選ぶセリエAのワースト11】王者陥落のユベントスから最多の4人! 得点ランク1位のC・ロナウドを選出した理由は…
「かなり気に入っている」冨安健洋の獲得に強豪アタランタが本腰と伊紙報道!“ご執心”の理由は?
【消えた逸材】EURO2004で史上最年少ゴール! “スイスの天才”はなぜ伸び悩んだのか?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ