【セルジオ越後】主力温存のU-24代表は“忖度”したつもり?せっかくの兄弟対決が無駄になったよ

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2021年06月04日

この試合では誰ひとりとして目に留まらなかった

トップ下で先発したU-24代表の久保。チャンスを演出することはできなかった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 A代表とU-24代表の日の丸“兄弟対決”は、3-0でA代表が勝利した。“兄貴分”がメンツを保った格好になったけど、心配になったのは“弟分”のU-24代表の現状だ。

 パスは回らないわ、守備はお粗末で開始わずか2分で先制点を献上するわ……連係がチグハグで、もはやチームとして成り立っていなかった。開催まで約2か月を切った東京五輪本大会に向けて、こんな状態で大丈夫なのかと不安が募る一方だよ。

 試合前にメディアは、「日本代表100周年のアニバーサリーイヤーに初の兄弟対決が実現!!」と散々焚きつけていたね。ただ、いざ始まってみると、内容的には面白みに欠ける試合だったと言わざるを得ない。テレビなどでは真剣勝負だと報じられていたけど、個人的にはまったく激しさは感じなかったね。名門クラブチームの紅白戦のほうがよっぽどガツガツとしたマッチアップが見られるよ。取っ組み合いは当然だからね。

 それに久保の10代最後の試合だと何度も繰り返し放送されていたのは、なんの意味があったの。試合内容とはまったく関係のないところで煽るメディアの手法には、怒りを通り越して笑えてくるよ。
 
 それだけ試合内容に切り取る部分が少なかったということだ。トップ下で先発したその久保はボールを受ける度にコロコロと転んでまったくチャンスを作れなかったし、左サイドの遠藤渓太も何もできずに途中交代した。ボランチの中山もミスばかりで、町田や橋岡などディフェンダー陣も相手を完全にフリーにする場面があまりに多かった。

 本大会には俺が出るんだという気概を見せてくれる選手が現われることを期待したのに、正直言って、この試合では誰ひとりとして目に留まらなかったよ。

 そもそも、なぜ主力を温存し続けたのか。オーバーエイジでは最後にボランチの遠藤航が使われたけど、吉田と酒井は出場しなかった。冨安、三笘、上田もベンチに置いたまま。急遽決まった試合で、中1日でガーナ戦を控えているとはいえ、せめて45分くらいはフルメンバーを組み合わせるべきだったんじゃないかな。
 
【関連記事】
U-24には過酷な状況だった“日本代表”対決。橋岡大樹が競っていた相手は、大迫勇也というより…
【日本代表3-0U-24日本代表|採点&寸評】貫録を示した“兄貴分”。MOMは攻撃のタクトを振った司令塔|A代表編
「やっぱり完成度は違った」“U-24代表”遠藤航が明かす、A代表との差は?「OAとしての仕事」も具体的に説明
史上初の日本代表「兄弟対決」はA代表に軍配! 橋本、鎌田、浅野の3発でU-24代表に快勝
【釜本邦茂】経験の差! U-24は点を取られた時間帯が問題。田川の球の置き方も…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ