【J1採点&寸評】浦和2-0神戸|値千金ブロックの闘将を最高評価!小泉&柴戸のHT投入もズバリ的中

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2021年05月23日

浦和――岩波は古巣相手に充実したゲーム

【警告】浦和=なし 神戸=なし
【退場】浦和=なし 神戸=なし
【MAN OF THE MATCH】槙野智章(浦和)

画像を見る

[J1リーグ15節]浦和2-0神戸/5月22日(土)/埼玉スタジアム2002

【チーム採点・寸評】
浦和 6.5

前半はボール支配を許し、球際の寄せも甘く苦しんだ。後半は早い時間帯での先制点を利して勝ちパターンに持ち込んだ。3戦連続のクリーンシートを達成。

【浦和|採点・寸評】
GK
12 鈴木彩艶 6

見せ場は64分にイニエスタのシュートをセーブした場面。全体を通してみればパスの精度を欠き「課題の方が多い試合」という感想に。

DF
8 西 大伍 6

決定的な突破を許したわけでもないが、上手くハマらないチームの中で苦しんだ。2点目のアシストは時間帯を考えラフにでも蹴り込んだ好判断。

4 岩波拓也 6.5
最終ラインで堅い守備を見せただけでなく、長短を織り交ぜたフィードも機能性が高いものに。古巣相手に充実したゲーム。
 
MAN OF THE MATCH
5 槙野智章 7

イニエスタのシュートをGK鈴木が弾いたこぼれ球で、ドウグラスのシュートを値千金のブロック。ドリブルでボールを持ち運ぶプレーなど、攻守に躍動した。

15 明本考浩 6
前半に速攻を受けた場面で真骨頂の全力ダッシュでピンチを防いだ。先制点の場面ではうまくタメを作った。

MF
11 田中達也 6.5(66分OUT)

前半は守備がハマらず攻撃も単調になったが、47分に「ヘディングという自分でもビックリするような形」で流れを変える貴重な先制点。

22 阿部勇樹 5.5(HT OUT)
前半のみの出場だったが、背後を取られない冷静な判断の一方で、裏返しで強く寄せきれない面もあり、評価が複雑なプレーに。
 
【関連記事】
浦和、鈴木彩艶が川口能活の記録に並ぶJデビューから3試合連続無失点を達成!「守備陣に助けられることも多かった」
「色々凄すぎる」「何度見ても素晴らしい」“浦和のプリンス”ユンカーの高精度サイドチェンジに脚光!
【浦和】「パーフェクトだった」G大阪戦で来日初のドッペルパック!ユンカーが語るストライカーの矜持
【U-24日本代表最新序列】オーバーエイジ3人の招集でスタメンはどう変わる? 激戦区の2列目は…
【セルジオ越後】オーバーエイジはDF2人にボランチ1人。森保監督は相手が上だと認めているよ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ