【20-21日本人欧州組ベスト11 vol.6】MVPは伊東と遠藤の一騎打ち。6月の代表戦で最も見てみたい“新戦力”が…

カテゴリ:海外日本人

清水英斗

2021年05月20日

唯一の物足りなさを払拭

清水氏が選んだ日本人欧州組のベストイレブン。赤字がMVP。

画像を見る

 欧州サッカーの2020-2021シーズンも残すところあとわずかとなった。佳境を迎えたこのタイミングで、日本人選手に精通する識者にヨーロッパでプレーするサムライ戦士の中から、ベストイレブンとMVPを選出していただいた。サッカーライターの清水英斗氏が選んだのは――。

――◆――◆――

 MVPは伊東純也と遠藤航の一騎打ち、という印象で迷ったが、今回はリーグ戦11ゴール13アシストと、両方を2桁に乗せたヘンクの伊東を選んだ。開催中のチャンピオンシッププレーオフでも毎試合ゴールに絡んでおり、非常にインパクトが強い。

 特にプレーオフ第2節、ブルージュ戦のゴールは素晴らしかった。相手ラインの背後へ飛び出した後、折り返しの機会を伺ったが、味方の詰めが間に合わないのを確認すると、すぐに判断を変え、角度の無い場所から相手GKの肩口を抜く、強烈なシュートをゴール天井へ突き刺した。衝撃の一言。

 今シーズンの伊東を見ると、あのエリアからのシュートが際立っており、11ゴールと決定力を高める要因にもなった。以前よりもフィニッシュに迷いが無く、シャープに足を振っている。リーグ戦2桁得点はJリーグでも達成していなかったが、今季は伊東に対する唯一の物足りなさ、決定力を払拭したシーズンと言えるかもしれない。

【動画】ベルギーでリーグ4位の17発! 鈴木優磨の圧巻ゴール集はこちら
 クロスの精度も素晴らしく、ポジションも中央寄り、サイドの大外など様々なレーンでプレーでき、あらゆる箇所からの飛び出しは切れ味抜群。守備も献身的でよく走る。今季オフはどのクラブへの移籍が決まるのか、楽しみだ。

 次点はシュトゥットガルトの遠藤だが、デュエルの価値観が強いドイツで、ブンデスリーガNO.1のデュエル勝利数を保ち続けたのは見事。マウスピースを作って衝撃を軽減し、思い切って球際で戦えるように工夫した。「日本人だから」「日本人に合ったプレー」を言い訳にせず、何人だろうと小柄だろうと、鍛えればやれる、工夫すればやれると、雄々しくもクレバーな姿を見せてくれた。

 フランクフルトの鎌田大地と長谷部誠も、チームを上位へ進出させる見事な活躍ぶりだった。ただ、最後にチームが失速してチャンピオンズ・リーグの出場権を確保できなかったのは惜しかった。日本代表の目線で見れば、鎌田が世界最高峰の舞台を経験すれば、色々な情報を持ち帰る知性を持っているだけに残念だった。
【関連記事】
東京五輪の登録メンバー18人を識者が大予想!「吉田抜きには戦えない。“雑草”FWのサプライズ招集も…」
【20-21日本人欧州組ベスト11 vol.1】“最高成績”という快挙を達成したふたりを高評価! MVPに選んだのは…
【20-21日本人欧州組ベスト11 vol.2】5大リーグでのプレーは評価されるべき。MVPは欧州屈指の“センス”で人気の…
元日本代表FW城彰二が五輪のオーバーエイジ枠に持論!「絶対反対」「ふざけんなって話」
「クボは我々に多くのことを…」英雄となった久保建英を“冷遇”指揮官が称賛!「冬に加入するのは難しい」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月4日発売
    ハーランド世代!!
    躍動する「2000年代生まれ」の
    若手逸材を完全網羅した
    「ヤングタレント大百科」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ