【神戸のベスト布陣を考察】2列目はイニエスタら助っ人揃い…古橋は最前線でこそ生きる

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2021年05月16日

マシカとリンコンという助っ人の能力はやはり抜けたものがある

神戸のベスト布陣を考察。2列目の3人はいずれも助っ人とした。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 絶対的な攻撃の軸であるアンドレス・イニエスタの戦列復帰、そしてケニア代表FWのアユブ・マシカ、ブラジルの新進気鋭リンコンの合流――。ここに来てヴィッセル神戸の陣容は一気にスケールアップしている。今後は多彩なシステムや組み合わせが可能になるだろう。

 昨年末に右太ももを負傷したイニエスタが離脱していたこれまでは、2ボランチの4ー4-2を主戦システムとして戦ってきたが、ここ3試合では、イニエスタが途中出場した時には4-2-3-1へと形を変えている。

 また1点のビハインドを負っていたC大阪戦では、アンカーに山口蛍、トップ下にイニエスタを置く菱形の4-4-2も見られた。

 そこで今後ベストとなりうる布陣を考察してみた。
 
 最終ラインはこれまでと変わらないメンバーで問題はないだろう。スラムダンクの桜木花道ばりの気迫が魅力の菊池流帆と右SBが板についてきた山川哲史は成長著しく、経験豊富な酒井高徳はやはり頼りになる存在。現役ベルギー代表でC大阪戦では豪快な来日初ゴールを決めたトーマス・フェルマーレンも頼もしい。ここまでリーグで5番目に少ない13失点に抑えられているのは、この守備陣の安定感があるからだ。現時点で手を加える必要はないだろう。

 組み立て役のセルジ・サンペールとダイナモの山口というボランチコンビも、いまや鉄板。補完性は抜群だ。一方で、2列目は助っ人で固めるのが最適解と見る。

 中坂勇哉と井上潮音、佐々木大樹などメキメキと頭角を現わしている若手はいるが、マシカとリンコンという助っ人の能力はやはり捨てがたい。なかなかコンディションが上がってこなかったリンコンも、C大阪戦で圧巻の攻撃性能を見せつけた。86分のシザースで切り込んでいったプレーからは、そのポテンシャルの高さがうかがえる。

 そして当然アンドレス・イニエスタは外せない。負傷明けでまだトップフォームではないが、ここ3試合で徐々に出場時間を増やしており、先発に復帰するのも時間の問題だ。
【関連記事】
「本当に素晴らしいし、どんどん成長している」イニエスタが日本人ストライカーを称賛
【J1採点&寸評】神戸1-1C大阪|劇的同点弾の現役ベルギー代表がヒーローに!先制ヘッドの坂元も高評価
【セルジオ越後】三木谷会長のチーム作りは疑問だが。2年契約のイニエスタ、残された最後の宿題は…
神戸がイニエスタら攻撃陣の猛攻でドローに持ち込み連敗阻止!C大阪は坂元弾を守り切れず…
すべてはイニエスタに懸かっている!神戸の“看過できない問題”を解決するには?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ