【J1採点&寸評】名古屋0-2鹿島|速攻の起点となった杉岡はダメ押し点も。丸山&中谷は不甲斐ない出来

カテゴリ:Jリーグ

今井雄一朗

2021年05月13日

名古屋――2失点の守護神は6点でも十分なプレーぶり

【警告】名古屋=中谷(90+3分) 鹿島=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】杉岡大暉(鹿島)

画像を見る

[J1第21節]名古屋0-2鹿島/5月12日/豊田スタジアム

【チーム採点・寸評】
名古屋 4
試合後のコーチ、選手がともに反省の弁しか口にしない惨敗。シュート0本という珍事が示す通り、普段とはまったく違う守ることばかりの試合には闘う姿勢が欠けすぎた。

【名古屋|採点・寸評】
GK
1 ランゲラック 5.5
不運な形での失点を彼の責任にするのは酷だが、敗戦で2失点の部分を差し引いた評点。だがそれ以上に鹿島の決定機を防いだ場面も多く、本当は6点でも十分なプレーぶり。

DF
3 丸山祐市 5
いつもはチームを鼓舞するコーチングも、この日は審判の判定や相手に向けた言葉が多かった。集中できていない証拠で、実に彼らしくないパフォーマンスが多かった。

DF
4 中谷進之介 5
相棒と同様に相手や判定、時間をかけたプレーへの声が多く、こちらもチームが勝つためにという部分にもっと力を割いてほしかった印象。
 
DF
23 吉田 豊 5.5
守備の強度やオーバーラップの果敢さでチームを鼓舞していたが、低調なチームの中では逆に孤軍奮闘の感も出た。声よりも背中で見せる責任感も実らず。

DF
26 成瀬竣平 6(56分OUT)
常に前にパスを差し込んでいく積極性を出し、守備面での劣勢よりもその決断力のほうが好意的に映った。鹿島のプレッシャーにも堂々と向き合ったボールの持ち方はなかなかに豪胆。

MF
2 米本拓司 5(79分OUT)
ハードワークには頭が下がるが、やや空回りしたイメージも強い。相手のビルドアップを引っかけようとするあまり、逆を取られて自陣にスペースを作ってしまうことが多く、交代も納得か。

MF
15 稲垣 祥 5.5
前回対戦で決勝点を挙げた男は、今回は特に厳しい試合を強いられた。ボールを持ってもすぐに囲まれ、前への選択肢をあまり持てず。動きの重いチームの中では苦戦ばかりが続いた。
 
【関連記事】
「出し切る戦いをしてくれた。それが一番嬉しい」鹿島指揮官が語る名古屋戦勝利の要因と今後に向けて
ユース監督となった柳沢敦が求める“鹿島のアイデンティティ”。そのストライカー育成のアプローチとは?
「そもそも戦っていなかった」川崎戦連敗から名古屋はいかに立て直したか。C大阪戦で決勝弾の吉田豊の見解
「バケモン」「黄金の左」仙台助っ人FW、敗色濃厚の川崎戦で劇的同点弾! 驚愕の弾丸ショットに大反響

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月10日号
    1月27日発売
    通算1500号!
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    現陣容の期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ