【J1採点&寸評】鳥栖2-0徳島|J1初ゴールのアタッカーをMOMに!嫌な流れを振り払った先制弾の山下も高評価

カテゴリ:Jリーグ

荒木英喜

2021年05月02日

鳥栖――相手のシュートを2本に抑える

【警告】鳥栖=なし 徳島=なし
【退場】鳥栖=なし 徳島=なし
【MAN OF THE MATCH】仙頭啓矢(鳥栖)

画像を見る

[J1リーグ12節]鳥栖2-0徳島/5月1日(土)/駅前不動産スタジアム

【チーム採点・寸評】
鳥栖 6

徳島のビルドアップ時、あえてボールを持たせて対応。後半立ち上がりに先制点を奪うと、中盤の守備をタイトにしてボールを奪いペースを握る。その後もセットプレーから追加点を挙げ、3連勝を飾った。

【鳥栖|採点・寸評】
GK
40 朴 一圭 6

徳島に許したシュートは2本だけで安定して守り続ける。終盤は垣田に入れ替わられ、あわや失点という場面もあった。キックにはいつもの安定感がなかったか。

DF
20 ファン・ソッコ 6

前半はラインを押し上げられず、プレスもはまらなかった。後半、ボールを持ち上がるなど攻撃で存在感を出す。

3 エドゥアルド 5.5
彼らしくないパスミスなどもあり、パフォーマンスは良くなかったが結果的には無失点に抑える。

47 中野伸哉 6
背後を突かれるのを嫌ったため、いつものような高い位置取りは少なく、クロスも精度を欠いた。ただ守備では上手く対応していた。
 
MF
24 飯野七聖 5.5

チャンスにつながる攻撃参加が少なく、藤原に先手を取られる場面もあり、光るプレーは少なかった。

41 松岡大起 6
中を閉じる守備で貢献し、先制点にも絡んだ。良く言えば大人な対応だが、彼の力からしたら物足りなさも感じた。

MAN OF THE MATCH
44 仙頭啓矢 6.5

この日はボランチの位置でプレーする時間が長かった。ゲームを上手くコントロールし、セットプレーから加入後初&J1初ゴールで試合を決定づけた。

22 小屋松知哉 5.5(79分OUT)
岸本に押し込まれる場面が目立ったが、ほとんどチャンスを作らせなかった。攻撃での持ち味はあまり発揮できなかったか。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ