前半は完璧に近い出来。鳥栖がFC東京戦で示した“チームワークの素晴らしさと組織力の美しさ”

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2021年04月24日

最大のインパクトを残したのは…

左サイドで躍動。中野(47番)の技術とポジショニングは光っていた。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

 味の素スタジアムに乗り込んでの一戦は、2-1と勝利。昨季のリーグ戦で連勝しているFC東京に“相性の良さ”を見せつけた格好だが、鳥栖の勝因は当然ながらそれだけではない。

 勝因のひとつは、前半の試合運び。局面に応じて3-5-2や4-4-2に変わる可変システムで相手のマークをずらし、中盤の小屋松、樋口、仙頭、松岡、DFの中の伸らが小気味いいパスワークで巧みにスペースを突く。そうして主導権を握り、首尾よく2ゴールを奪うあたりに今季の調子の良さが窺えた。

 ひとつのポジションに捉われないサッカーは見応え十分で、前半に限れば完璧に近い出来だった。後半に入ってトーンダウンし、FC東京に押し込まれる時間帯もあったが、この日の鳥栖のパフォーマンスは試合を通して見ても評価に値するものだった。

 目を引いたひとりが、左サイドにいた中野伸だ。快足の永井にプレスされてもひらりとかわす冷静さに加え、ぶれない足の技術も素晴らしく、さらに同サイドの小屋松とのコンビネーションで相手陣内へと攻め込むアグレッシブさも光った。敵のマークをずらすきっかけを作っていた点で、このDFの貢献度は高かった。
 
 ただ、最大のインパクトを残したのは樋口だ。豊富な運動量で中盤を支えつつ、18分に芸術的なクロスで酒井のヘッド弾をお膳立てすると、34分には単独突破から目の覚めるようなミドルで追加点と全得点に絡む活躍。劣勢を強いられた後半も丹念にピンチの芽を摘むなど、攻守両面で大きな働きをしたのだ。

 彼らがこのように輝けたのも、チームの基盤がしっかりしているからだろう。前半に限ればポジションチェンジもスムーズで、パスの出し手と受け手の呼吸もかなり合っていた。組織力でFC東京を上回った結果が前半の2-0というスコアであり、それはまたサッカーが団体スポーツであることを証明するものでもあった。

 おそらく選手個々の能力だけで比較すれば、FC東京のほうが上だろう。しかし、サッカーはあくまでチーム競技。この日、鳥栖が示したのはチームワークの素晴らしさであり、組織力の美しさだ。

 少なくとも鳥栖は勝者に相応しいサッカーをしていた。

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

【J1第11節PHOTO】FC東京1-2鳥栖|敵地に乗り込んだ鳥栖が前半の2得点を守り切り2連勝!
 
【関連記事】
【J1採点&寸評】FC東京1-2鳥栖|最高級のクロスと衝撃ミドル。MOMはセンセーショナルな活躍を見せたMFで文句なし!!
痛恨のリーグ3連敗。FC東京はいったいどうしてしまったのか
「怒号が響き渡った」久保建英と対峙したバルサDFにクーマン監督がプッツン→即交代の非情采配!「やり過ぎだ」
「イ・スンウを追い出した日本人が…」鈴木優磨のステップアップ移籍に韓国メディアも注目!「より大きな舞台でプレーする可能性が高い」
「ザーゴ監督がダメだったな、じゃなくて…」内田篤人が古巣鹿島の監督交代について語る!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ