【J1採点&寸評】川崎1-1広島|MOMの田中は限界突破か。森島は乾坤一擲の同点弾

カテゴリ:Jリーグ

江藤高志

2021年04月18日

川崎――山根は攻撃面で“らしさ”を出し、守備にも奮戦

【警告】川崎=なし 広島=今津(27分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】田中 碧(川崎)

画像を見る

[J1第10節]川崎1-1広島/4月18日/等々力陸上競技場

【チーム採点・寸評】
川崎 5.5
試合運び自体は悪くはなかった。さらに言うと、前半の内に試合を決められるだけの決定機があった。そんな試合運びをしながらも結果的に勝利を逃したことが悔やまれる。内容的には6.5の試合だが、勝点を2つ逃した点をマイナス要素と考えた。

【川崎|採点・寸評】
GK
1 チョン・ソンリョン 6
怪我からの復帰戦。プレー機会の少ない前半から打って変わり、同点に追いつかれ難しくなった後半もチームを落ち着かせた。試合終了間際の決定機を防ぐなど決定的な仕事をしてくれた。

DF
13 山根視来 7
先制点の場面は、全力疾走からのシュートはもちろん、その跳ね返りを拾ってからの冷静なパスがポイントに。攻撃面で“らしさ”を出しつつ、守備にも奮戦した。

DF
4 ジェジエウ 6
前半はJ・サントスを完璧に封じ込めたが、後半は同点ゴールの場面を筆頭にそのJ・サントスに何度かつけ込まれた。前方への精度の高いパスなどで攻撃にもアクセントをもたらしていただけに、後半何度かやられた場面が残念。

DF
5 谷口彰悟 6
強気なラインコントロールでチームの攻撃を下支えしただけに、寝かされてしまった失点シーンが悔やまれる。

DF
2 登里享平 6.5
11分に谷口からのスルーパスを引き出す動きを見せるなど広島を圧迫。VARの末に取り消されてしまったが、三笘の幻のゴールを演出したクロスなど随所に良さを見せた。
 
MAN OF THE MATCH
MF
25 田中 碧 7
試合開始時はアンカーで。後半途中からはインサイドハーフにポジションを代え攻撃では運動量と連動性を。また守備では対人の強さを示した。失点したが森島のシュートにも反応しており、100%以上の力を出したように見えた。

MF
8 脇坂泰斗 6(71分OUT)
広島を圧倒した前半からその能力の高さを発揮。38分の家長の得点は上手く相手を誘ってのパスで決まったもの。自らも得点チャンスがあっただけに悔やまれる引き分けとなった。

MF
19 遠野大弥 5.5(71分OUT) 
狭いスペースで顔を出しボールを引き出して攻撃の組み立てに加わる場面はさすがだが、徐々にボールに絡めなくなってしまったのは反省材料。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ