「我々が跪くしかなかったトミヤスが…」日韓戦で“神対応”の冨安健洋、ミランからの熱視線に韓国メディアも注目!

カテゴリ:海外日本人

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年04月18日

エバートンやレバークーゼンからも関心

ステップアップ移籍が取り沙汰される冨安に韓国メディアも注目している。 (C) Getty Images

画像を見る

 先月25日に行なわれた日韓戦で注目を集めたのが、ボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋の“神対応”だ。

 試合中に韓国代表MFイ・ドンジュンが振り上げ手が顔面に当たり、口から流血する事態に見舞われた冨安。危険な行為に批判が集まるなか、自身のツイッターに「相手選手からの肘打ちの件ですが、試合中には起こり得ることで、彼が故意的にやった事ではないと信じています。もうすでに謝罪のメッセージも受け取っていますし、大きな問題にならない事を願っています!」と投稿。韓国のファンからも「あなたの人柄に感動しました」といった称賛の声があがっていた。

 そんな経緯もあってか、冨安の存在は隣国でも注目されているようだ。韓国のスポーツメディア『スポータルコリア』は4月17日、「堅い守備で韓国が跪くしかなかったトミヤスが、ミランの熱い関心を受けている」と報じた。

【動画】「ありえないトリックだ」冨安健洋が披露した華麗なテクニックはこちら
 記事は、イタリア・メディア『Calciomercato.com』の報道として、「ミランは今夏の戦力強化の一環として、トミヤスの獲得を検討しており、DFのトップターゲットにリストアップしている。夏の移籍市場が開いたら、すぐにオファーする考えだ」と掲載。「ミランは今シーズン2位につけているが、30節までに35失点とディフェンスに不安が見られるため、守備力を上げるためにトミヤスに目をつけた」と続けている。

 プレミアリーグのエバートンや、ブンデスリーガのレバークーゼンなど、イタリア国外の有力クラブからの関心が伝えられている冨安。その動向に韓国メディアも関心を寄せているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ