「我々が跪くしかなかったトミヤスが…」日韓戦で“神対応”の冨安健洋、ミランからの熱視線に韓国メディアも注目!

カテゴリ:海外日本人

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年04月18日

エバートンやレバークーゼンからも関心

ステップアップ移籍が取り沙汰される冨安に韓国メディアも注目している。 (C) Getty Images

画像を見る

 先月25日に行なわれた日韓戦で注目を集めたのが、ボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋の“神対応”だ。

 試合中に韓国代表MFイ・ドンジュンが振り上げ手が顔面に当たり、口から流血する事態に見舞われた冨安。危険な行為に批判が集まるなか、自身のツイッターに「相手選手からの肘打ちの件ですが、試合中には起こり得ることで、彼が故意的にやった事ではないと信じています。もうすでに謝罪のメッセージも受け取っていますし、大きな問題にならない事を願っています!」と投稿。韓国のファンからも「あなたの人柄に感動しました」といった称賛の声があがっていた。

 そんな経緯もあってか、冨安の存在は隣国でも注目されているようだ。韓国のスポーツメディア『スポータルコリア』は4月17日、「堅い守備で韓国が跪くしかなかったトミヤスが、ミランの熱い関心を受けている」と報じた。

【動画】「ありえないトリックだ」冨安健洋が披露した華麗なテクニックはこちら
 記事は、イタリア・メディア『Calciomercato.com』の報道として、「ミランは今夏の戦力強化の一環として、トミヤスの獲得を検討しており、DFのトップターゲットにリストアップしている。夏の移籍市場が開いたら、すぐにオファーする考えだ」と掲載。「ミランは今シーズン2位につけているが、30節までに35失点とディフェンスに不安が見られるため、守備力を上げるためにトミヤスに目をつけた」と続けている。

 プレミアリーグのエバートンや、ブンデスリーガのレバークーゼンなど、イタリア国外の有力クラブからの関心が伝えられている冨安。その動向に韓国メディアも関心を寄せているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「目を閉じていても獲得する」ザッケローニが冨安健洋に賛辞!「日本人を指導したが、彼らは…」
「故意ではないと信じている」流血した冨安健洋、相手選手の“顔面肘打ち行為”に言及。「あなたの人柄に感動」と韓国のファンも絶賛!
「コイツすげえな」内田篤人が絶賛した日本人選手は?「代えはいない。特長がないと思われがちだけど…」
「なぜモンゴル戦に出場させた!?」冨安健洋の“無駄な勝利”への起用に、ボローニャ指揮官が怒り心頭!
「タケは気持ちの整理がつかないだろう」久保建英の起用法にスペイン人記者が苦言!「最悪のシナリオに現実味が…」【現地発】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ