「故意ではないと信じている」流血した冨安健洋、相手選手の“顔面肘打ち行為”に言及。「あなたの人柄に感動」と韓国のファンも絶賛!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月26日

相手選手から謝罪があったことも明かす

相手選手の手が顔面に当たり、ピッチに倒れ込むシーンがあった冨安。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 日本代表は3月25日、日産スタジアムで韓国代表との国際親善試合に臨み、3-0の快勝を飾った。

 最大のライバルを序盤から圧倒し、代表デビュー戦の山根視来が16分に挙げた先制弾を皮切りに、27分に鎌田大地の個人技、83分にはCKから遠藤航のヘッドで加点。まさに会心の勝利だった。

 この一戦で物議を醸しているのが、68分のシーンだ。ボールのないところで、韓国代表MFイ・ドンジュンが手を振り上げ、DF冨安健洋の顔面にヒット。口から流血するほどの危険な行為だったが、イエローカードは出なかった。

 両国のメディアやファンが様々な意見を発したこのシーンに関して、試合翌日の26日に当の冨安本人が自身のインスタグラムで言及した。

【画像】韓国のファンも絶賛した冨安の投稿はこちら
 まず、「応援ありがとうございました!しっかり勝つことができ良かったです!」と綴った日本代表DFは、次のように続けている。

「相手選手からの肘打ちの件ですが試合中には起こり得ることで、彼が故意的にやった事ではないと信じています。もうすでに謝罪のメッセージも受け取っていますし、大きな問題にならない事を願っています!」

 これには、日本のファンから「さすが器が違いますね」といった声があがっただけでなく、韓国のサポーターからも「あなたの人柄に感動しました」「冨安選手は度量が広いですね」「同じ韓国人として謝罪します」「早く怪我が良くなることを願っています」などのコメントが続々と寄せられている。

 CBとして完封勝利に貢献した男は、プレーだけでなくその人間性も称賛を浴びている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】森保ジャパンが宿敵・韓国を3-0で撃破! 横浜決戦の厳選フォトをお届け!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ