「タケは気持ちの整理がつかないだろう」久保建英の起用法にスペイン人記者が苦言!「最悪のシナリオに現実味が…」【現地発】

カテゴリ:海外日本人

ラディスラオ・ハビエル・モニーノ

2021年04月17日

サイドに回っても、守備に奔走されただけ

カディス戦では早期交代となった久保。(C) Getty Images

画像を見る

 30節のカディス戦で、タケ・クボ(久保建英)はセカンドトップで先発出場した。どんなプレーを見せるのか期待が高まったが、同時に不安も募った。

 というのも、ヘタフェのホセ・ボルダラス、カディスのアルバロ・セルベラはラ・リーガを代表する慎重派の監督だ。その両指揮官のサッカー観が色濃く表れた両チームは、ボールを保持することよりもスペースを支配することで勝機を見出す。

 実際、この試合でGKはボールを持てば、ロングフィードを放り込むばかり。それはCBやSBも同様で、結果的にいかにセカンドボールを制するかのフィジカル勝負になり、このような展開ではタケのような選手は苦しむか、もしくは疎外感を味わうかのいずれかになる。従順な兵士のようにピッチを走り回るだけで、あとはボールが転がってくるのを待つしかない。

 そしてこうした展開では、えてしてセットプレー、相手のミス、こぼれ球から生まれた得点で決着がつくが、この試合もダビド・ティモールのオウンゴールで先制したカディスがそのまま逃げ切った。

【動画】翻弄された敵DFが思わず尻もち!前節のカディス戦で久保建英が披露したドリブル突破はこちら
 タケはこの厳しい状況の中で懸命にプレーしていた。鋭いフェイントでアルフォンソ・エスピーノに尻もちをつかせて切れ込んだが、グラウンダーのクロスは相手選手に引っかかった。パスコースが限られていたので、もっと積極性を出して違ったプレーを選択してもよかった場面だった。

 しかしその後も走り、戦い続けた。そもそもダイレクトプレーを基本戦術にするチームで上背のないタケに前線でプレーさせても意味はない。実際、前半30分過ぎにはタケはいつもの右サイドに移動し、セカンドトップ起用は文字通り絵に描いた餅に終わった。

 しかも問題は、サイドに回っても、守備に奔走されただけだった点。ドリブルで仕掛ける場面は限られ、これではよほどの閃きを見せないと攻撃で輝きを放つのは困難と言わざるを得ない。

 結局、タケは50分過ぎにピッチを退いた。その直前のプレーでは、右サイドをドリブルで突破してクロスを供給する“らしい”プレーを見せたばかりだった。タケのように1対1による仕掛けを売りにしているドリブラーが、このような形で交代を命じられては、なかなか気持ちの整理をすることはできないだろう。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ