【J1採点&寸評】川崎 3-1 福岡|MOMは古巣戦で1ゴール・1アシストのアタッカー。今季初先発の知念も期待に応えるゴール

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2021年04月15日

川崎――守備陣は1点を失うも…

【警告】川崎=谷口(45+2分)、車屋(78分) 福岡=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】遠野大弥(川崎)

画像を見る

[J1第19節]川崎3-1福岡/4月14日/等々力
 
【チーム採点・寸評】
川崎 6.5
 CF知念を今季初先発させ、田中をアンカーに置くなどターンオーバーを採用。雨の影響や福岡の積極的な戦い方もあり、なかなかテンポは上がらなかったが、アピールに燃えていただろう遠野や知念がしっかり結果を残して3-1で勝利。雷雨の影響で約20分伸びたハーフタイムを有効に活用した印象もある。選手層をプラスできた点で収穫も大きかった。MOMは知念も候補だが、1ゴール・1アシストの男を選出。
 
【川崎|採点・寸評】
 GK
27 丹野研太 6
チョン・ソンリョンの負傷後、先発4試合目にしてホームでは初の失点も、相手のFKを褒めるべきか。後半には鋭いセーブや、果敢な飛び出しを見せた。
 
DF
13 山根視来 6.5
前半はそこまで前に出られなかったが、後半は果敢にオーバーラップ。知念の得点は彼のクロスから始まっており、試合終盤にはL・ダミアンとのワンツーで抜け出してトドメの3点目。結果を残した。
 
5 谷口彰悟 6.5
スリッピーなピッチの状況もあっただろう。細かいミスはあり、失点シーンのFKは彼が与えてしまったもの。ただフアンマに対するディフェンスは力強く、クリーンでレベルは高かった。彼がいたからこそ、福岡の攻撃を素早く阻めた。
 
7 車屋紳太郎 6
同郷の谷口と久しぶりのCBを組む。危なっかしいシーンがあったのは反省材料。もっとも左足の好フィードもあり、身体を張った守備も。CBからインサイドハーフへの“車屋―遠野ルート”も開通させた。終盤は左SBとしてリードを守った。
 
2 登里享平 6(79OUT
前半は相手の激しい寄せにリズムを崩される場面が見られた。一方、後半は立て直した印象で、リズムよくパスを送った。

MF
25 田中 碧 6
アンカーとして先発。プレスは速く、ボールを回収して味方につないだ。より鋭い縦パスは入れたかったところか。連戦で終盤は珍しく消耗している姿があったが、今日もよく走った。
 
8 脇坂泰斗 6
前半はボールロストするシーンもあったが、試合を通じて間に入ってパスを引き出そうとする意識が感じられた。プレースキックの質も良かった。
 
【関連記事】
遠野が古巣を相手に1ゴール・1アシストの活躍!!川崎が3-1で福岡を下す
【川崎】中村憲剛から送られたふたつのメッセージ。脇坂泰斗が目指す“背中で見せられる選手”
【川崎】リニューアルオープンした「フロンタウンさぎぬま」。クラブの想いを体現する市民の“憩いの場”へ
【J1採点&寸評】C大阪2-2福岡|敵DF3人を寄せ付けず!土壇場ヘディング弾の助っ人FWを最高評価
【福岡】トップチーム選手2名が新型コロナ陽性判定。濃厚接触者はなし

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ