「印象に残ったのは11番」「オルンガから日本について聞いている」神戸の新助っ人アユブ・マシカが初取材で語ったことは

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2021年04月14日

「2週間くらいあれば間違いなく完全にフィットできる」

ケニア代表のマシカが隔離期間を経て、ついにチームに合流。そのベールを脱ぐ時が近づいている。(C)VISSEL KOBE

画像を見る

 今季ヴィッセル神戸に加入したケニア代表FWアユブ・マシカが4月14日、複数メディアのオンライン取材に応じた。

 3月26日に念願の来日を果たしていたマシカは、新型コロナウイルスによる政府が定める隔離期間を消化し、ついにチームに合流。4月11日に行なわれた清水エスパルス戦のハーフタイムにはノエビアスタジアムに登場し、すでにサポーターに挨拶を済ませていた。

 神戸の全体練習に参加したのはこの日が初めて。「多少緊張した部分もありますが、本当に待ち望んでいたし、すごく良いトレーニングができました」と笑顔で答えた。

 来日までの期間はベルギーのブリュッセルにある自宅でトレーナーとともにフィットネス向上に努めていたというが、実戦感覚を取り戻すには、まだ多少の時間を要しそうだ。それでも、はやる気持ちを抑えられない様子が窺えた。

「チームはすでにリーグ戦を戦っていて、1週間に2回ずつ試合があるなかで、やっぱりコンディションも彼らのほうがだいぶ先をいっているので、そのなかにパッと入っていくのは難しいと思います。

 でも、そのなかでも、例えば15分出るとか、少しずつプレータイムを増やしていけるのであれば、感覚ですが2週間くらいあれば間違いなく完全にフィットできる。そのなかで、監督やチームの状況のなかで、どれくらいのプレータイムがあるか分からないですが、プレーしていければと考えています」
 
 マシカはベルギーのヘンクで育ち、トップチームに昇格後は、同じベルギーのリールセを経て、中国の北京人和や黒竜江火山鳴和泉でプレー。さらに2020年1月にはイングランド2部のレディングにも所属した。

 持ち味は爆発的なスピードを生かしたドリブルだ。現在の4-4-2システムを採用する神戸での起用を自己分析する。

「今のチーム状況であればサイド。特に左サイドはもともと自分の主戦場でした。もちろん右サイドも同じようにできると思います。あと3つ目は、セカンドストライカーやトップ下、2トップの片方。中盤でもプレーするし、前にも出ていくポジションはできるかなと思います」
 
【関連記事】
【J1採点&寸評】神戸1-1清水|攻守に存在感のあったブラジル人SBを最高評価! 同点弾の古橋もMOM級の働き
【神戸】ケニア代表ストライカー、アユブ・マシカがノエスタで初お披露目!「早くこのスタジアムでプレーしたい」
【神戸】古橋亨梧がチームを救う4試合連続弾! それでも唇を噛むワケ「やっぱり2点目を取れる力をもっと…」
「小さい頃からずっと…」神戸・菊池流帆が仙台戦で叶った“ふたつの夢”を告白! 得点後には…
「イニエスタ以上に欠かせない選手」神戸公式が公開した山口蛍の厳選プレー集にファン絶賛!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよJ開幕目前!
    2月9日発売
    2023シーズン
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想や見所など総点検!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ