【J1採点&寸評】FC東京2-4川崎|川崎は3トップが出色の出来。L・ダミアン、三笘、家長のうちMOMに選んだのは…

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2021年04月11日

FC東京──アンラッキーのひと言では片づけられない敗戦

【警告】FC東京=東(74分) 川崎=なし
【退場】FC東京=なし 川崎=なし
【MAN OF THE MATCH】家長昭博(川崎)

画像を見る

[J1リーグ9節]FC東京2-4川崎/4月11日/味の素スタジアム

【チーム採点・寸評】
FC東京 5
先手を取れず、前半から苦戦。後半に2点を奪ったが、1試合トータルでの4失点は褒められない。アンラッキーのひと言では片づけられない敗戦だ。

【FC東京|採点・寸評】
GK
1 児玉 剛 5.5
三笘のシュートを防いだ5分の好守は評価。ただ、個人の出来そのものはまずまずだったが、4失点という事実は反省材料だ。

DF
3 森重真人 5.5
1対1の局面では強さを発揮。フィードで相手の裏を狙う選択も悪くなかった。個だけで見れば及第点の「6」も、最終ラインを引き締めきれなかった点で「5.5」とした。

6 小川諒也 5.5
GKの正面に収まった13分のクロスはコースが正直すぎた。家長のマークも少し疎かになり、どちらかと言えばネガティブなプレーのほうが目立った。

22 中村拓海 4.5(64分OUT)
31分のクリアミスをはじめプレーに粗さが目立ち、三笘への対応にも課題を残した。1点目につながる永井へのパスは評価も、全体的に厳しいパフォーマンスだった。

29 岡崎 慎 5
失点につながるミスが散見。L・ダミアン、三笘、家長の3トップをなかなか止められず、3失点目のあとピッチに崩れる姿がなんとも印象的だった。
 
MF
7 三田啓貴 5(64分OUT)
攻撃の起点になりきれず、セットプレーからも絶好機を演出できなかった。このところの好調ぶりを考えれば、不満足な仕事ぶりだった。

10 東 慶悟 5(78分OUT)
4-4-2システムの左サイドハーフを担うも川崎に主導権を握られ……。ボールを収めるのに苦労し、リズムをもたらすことはできなかった。

21 青木拓矢 5
後半途中からリズムよくボールを回していた時間帯もあった。とはいえ、2失点目につながるパスミスは痛恨で、大きな減点材料だった。

31  安部柊斗 5(HT OUT)
川崎のパス回しに苦戦。守備に限らず攻撃の局面でも後手に回り、持ち前のアグレッシブさは影を潜めた。交代は致し方なし。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ