【J1採点&寸評】清水0-2浦和|先制点&安定した守備の岩波がMOM。アンカー柴戸は黒子的な働きが光る

カテゴリ:Jリーグ

前島芳雄

2021年04月08日

清水――原は攻撃での見せ場が少なく…

【警告】清水=エウシーニョ(70分) 浦和=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】岩波拓也(浦和)

画像を見る

[J1第8節]清水0-2浦和/4月7日/IAIスタジアム日本平

【チーム採点・寸評】
清水 5.5
組織的な守備は前節よりも改善されたが、攻撃では3人目、4人目の絡みが少なく、ビルドアップも崩しの部分も物足りない内容。ボックス内でのシュートは1本だけで、得点の匂いが希薄だった。

【清水|採点・寸評】
GK
37 権田修一 5.5
2失点なので高評価はつけられないが、いつも通り声で周囲を動かしながら守備を安定させ、ビルドアップにも今まで以上に絡んだ。

DF
4 原 輝綺 5.5
右SBとして先発し、54分から右CBに。判断の良さや1対1の対応が光ったが、チーム全体の攻撃が冴えなかったなかで、自身も攻撃での見せ場は少なかった。

DF
5 ヴァウド 5.5(54分OUT)
安定したプレーを見せてピンチは少なかったが、ビルドアップの質は今ひとつ。連戦に備えたターンオーバーなのか早めに交代。
 
DF
50 鈴木義宜 5.5
落ち着いた守備への対応や前線への好パスは冴えたが、1失点目ではニアにつられて岩波にスペースを与えてしまった。

DF
21 奥井 諒 5.5(82分OUT)
守備では粘り強い対応を続け、攻撃ではパスコースが少ないなかでひとつ先に飛ばしたパスを狙ったが精度が今ひとつ。クロスの質も冴えなかった。

MF
13 宮本航汰 5.5
守備では持ち味のハードワークで貢献し、走行距離は両チームで最長。ただ、攻撃ではボールを前に運ぶ働きが十分できなかった。

MF
6 竹内 涼 5.5(62分OUT)
守備では全体のバランスを安定させて前節から修正。攻撃ではつなぎ役として物足りない内容で、CKの守備では岩波に寄せきれなかった。
 
【関連記事】
「クボの時間が待ちきれない」衝撃の“タッチ数ゼロ”でも…久保建英の先発復帰に現地紙は期待!「好調で際立っている」
「19歳のとき、ゴールを決めたら…」宮市亮が過去に受けた人種差別被害を告白。「とても悲しかった」
エムバペが衝撃の2ゴール!昨季決勝の再戦はパリSGが敵地で王者バイエルンを3発撃破!【CL】
「ハセベは最高の選手だが…」フランクフルトの“贅沢な悩み”を現地紙が指摘! 次節はベンチの可能性も?
【J1】鹿島が柏を下し連敗を3でストップ。首位川崎は鳥栖に競り勝ち、徳島は3連勝を達成

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ