「クボの時間が待ちきれない」衝撃の“タッチ数ゼロ”でも…久保建英の先発復帰に現地紙は期待!「好調で際立っている」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月08日

「エルチェ戦では際立っていた」

前節のオサスナ戦では81分からの出場となった久保。(C) Getty Images

画像を見る

 先月21日に開催されたラ・リーガ第28節のエルチェ戦(1-1)で、7試合ぶりの先発を飾り、同点弾をアシストした久保建英。U-24日本代表の一員として出場したアルゼンチン戦でも2戦目で2アシストをマークするなど、ここにきて調子が上がっている。

 だが、現地時間4月3日に行なわれた前節のオサスナ戦では、代表戦帰りということもあり、ピッチに立ったのは81分から。しかも、ボールタッチはゼロに終わるという、衝撃の結果となった。

 それでも、現地メディアはこの19歳に期待しているようだ。全国紙の『AS』は、「クボの時間が待ちきれない」と題した記事を掲載。「日本人は、ヘタフェに来てからたった5回しか先発していない。ただ、彼は調子が良く、土曜日のカディス戦のスターターになるのは間違いない」と伝えている。

「この日本人プレーヤーの爆発の瞬間を待っている。今やらなければならない。彼の最近のパフォーマンスを見れば楽観できる。エルチェ戦では、スタメンに復帰して際立っていた」

【動画】絶妙の右足クロス!躍動した久保建英の今季初アシストはこちら
 記事は最近の出来を称え、「2つのアシストをしたアルゼンチン戦でも素晴らしいプレーをした。2万5000キロという長旅が、オサスナ戦でスターターになる可能性を遠ざけたが、今週、彼はチームと完璧なトレーニングしている」と続け、先発を期待している。

 現地も太鼓判を押した久保は、カディス戦でスタメンの座を勝ち取り、結果を残せるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「クボの決断は間違っていた」久保建英の境遇にスペイン紙が嘆き「ヘタフェはいるべきチームではない」
なぜ三笘薫はアルゼンチンを“抜けなかった”のか。内田篤人の見解は?「久保くんと違うのは…」
「クボは忘れられていた」久保建英の遅すぎる投入に現地紙が皮肉!「試合に参加できなかった」
「タケは日本人のイメージと違った」ヘタフェの重鎮FWマタが語る久保建英の“素顔”「特に優れているのは…」【独占インタビュー】
衝撃の「タッチ数ゼロ」…ヘタフェはなぜ久保建英を獲得したのか? 肉弾戦に放り込まれる悲しい現実

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ