【J1採点&寸評】川崎 1-0 鳥栖|遠野が値千金の決勝弾!!両チームの持ち味が出る好ゲームに

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2021年04月08日

川崎――J1通算300勝を達成

【警告】川崎=田中(68分) 鳥栖=なし
【退場】鳥栖=田代(57分)
【MAN OF THE MATCH】遠野大弥(川崎)

画像を見る

[J1第8節]川崎1-0鳥栖/4月7日/等々力
 
【チーム採点・寸評】
川崎 6.5
 鳥栖の果敢な姿勢に対し、いつもと変わらずに自分たちのスタイルを貫き、J1通算300勝目をホームで挙げた。相手の対策を上回って“川崎らしさ”を示し、勝つところはさすがである。9試合を終えて無敗(8勝1分)。王者の順調な歩みはどこまで続くのか。
 
【川崎|採点・寸評】
 GK
27 丹野研太 6
この日も負傷離脱のチョン・ソンリョンに代わってゴールマウスを守る。コーチングで周囲を引き締め、“等々力デビュー”を果たした前節に続いて無失点。CBとも連係した。
 
DF
13 山根視来 6.5
クロスやパスが乱れるシーンがあっただけに「6.5」は高いと指摘されるかもしれない。しかし、豪快な突破と果敢なオーバーラップで攻撃を活性化。この日は鳥栖が通常とは逆の右サイドに攻撃の軸を置いたなか、相手の左のスペースを突き、FWと見間違えるようなポジション取りも。終盤のセカンドボールへの反応を含めて評価したい。
 
4 ジェジエウ 6.5
いつもと変わらず固く力強いディフェンスを披露。谷口とのCBコンビは安定感抜群で、安心して見ていられる高レベルだった。今やJリーグ一番のCBコンビと言って過言ではないだろう。
 
 
5 谷口彰悟 6.5
ジェジエウとともに高く、分厚い壁を最終ラインに築く。相手への対応も実に冷静で、鳥栖の攻撃を見事に封じた。
 
2 登里享平 6(90+1分OUT
復帰2試合目とあってまだトップコンディションではないのか、らしくないズレがあったように感じる。それでも時間を経るごとにクオリティが向上。終盤はよく身体を張った。

MF
6 ジョアン・シミッチ 6
ボールの出し入れが遅れるシーンもあったが、鋭い縦パスで遠野の決勝弾を演出。その点や守備面を考えれば採点は上がって然るべきも難しいところで、「6.5」に限りなく近い「6」か。パスのリズムを含めて川崎スタイルにハマってきた印象だ。
 
25 田中 碧 6.5
前節は五輪代表の活動を含めた連戦を受けてベンチスタートも、再び先発にカムバック。インテンシティの高いプレーで貢献。粗さもあったが、終盤にも足を止めずにプレスに走った姿は素晴らしかった。75分には三笘へ好パス。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ