【J1採点&寸評】FC東京2-1仙台|ノリに乗っている同点弾のU-24代表FWがMOM! 児玉、三田も高評価

カテゴリ:Jリーグ

後藤勝

2021年03月22日

FC東京――緊急事態に出動のベテランGKが奮闘

【警告】FC東京=渡辺剛(36分) 仙台=マルティノス(11分)、平岡(31分)、真瀬(81分)、上原(83分)、アピアタウィア(88分)
【退場】FC東京=なし 仙台=なし
【MAN OF THE MATCH】田川亨介(FC東京)

画像を見る

[J1リーグ6節] FC東京2-1仙台/3月21日(日)/味の素スタジアム

【チーム採点・寸評】
FC東京 6.5
規律違反による試合の2日前からの謹慎で、波多野と安部の主力ふたりを欠いたものの、かえってチーム全体が引き締まり全体としては素晴らしい試合。仕込んだ攻撃の戦術が機能し、児玉と三田が活躍して良い形で7連戦を締めくくった。

【FC東京|採点・寸評】
GK
1 児玉 剛 6.5
波多野が19日から謹慎となっていたこともあり、J1で2試合目の先発を飾った。終始安定したセービングでチームの危機を救った。

DF
4 渡辺 剛 6
セットプレーでの失点場面には絡んでしまったが、全体としてはU-24日本代表招集前に締まったゲームを見せた。この感触を携えていきたい。

6 小川諒也 6
VARが介入したシーンでは、結果的にPKにはならなかったがハンド疑惑の主として目立つ恰好に。試合を通しては堅実なプレーで勝利貢献し、日本代表活動へと向かった。

32 ジョアン・オマリ 6
ディエゴ・オリヴェイラが決めた逆転弾の起点となる働きのほか、渡辺剛とのCBコンビで相手の攻撃をがっちりとガードし、1点リードを守り抜いた。

37 中村帆高 6
前節の左足でのクロスのような美しい技は見せられなかった。しかし、積極的なプレーでリズムを作り出す一部となり、攻守に機能した。
 
MF
3 森重真人 6.5
いつもの縦横無尽なプレーというほどには暴れられなかったが、田川がゴールを決めるきっかけになった。中盤の一員としても満足するべきプレーを見せた。

7 三田啓貴 7(71分OUT
オフ・ザ・ボールでの働きが秀逸で、攻撃でも自ら仕掛けるなど特色を見せた。前線への積極的な進出も良かった。

10 東 慶悟 6
ゴールシーンには関与しなかったものの、森重、三田とのトリオでバランスの取れた中盤を形成。フルタイム出場でチームを勝利に導いた。
 
【関連記事】
緊急事態宣言中になぜ? FC東京の波多野と安部が会食で規律違反。5日間程度の謹慎処分に
「日本で最も忘れられない経験をした」イタリア審判協会会長、Jリーグで笛を吹いた過去を回想
「日本のファンがうらやましい」イニエスタの“超絶技巧”にファン驚嘆! 米メディアがJリーグでのベストプレー集を公開
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「欧州組9人を揃えてきた」発表された日本代表23人に韓国メディアも警戒!「南野は招集、久保は除外」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ