徳島のポゼッションは横浜のハイプレスに通用したのか? 主将の岩尾憲曰く「コントロールしていると言うより…」

カテゴリ:Jリーグ

古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)

2021年03月18日

「負けてワイワイしているわけはない」(岩尾)

ポゼッション戦術がうまく機能せず、キャプテンの岩尾は実力不足を痛感した。写真:滝川敏之

画像を見る

 徳島は一昨季の王者・横浜に0-1の敗戦。スコアだけで見れば善戦したようにも見えるが、プレーしていた選手にとっては違った。

 CFで先発した河田篤秀が「全ポジションでプレスが速かったので、すべて(の局面で横浜の)厳しさを感じた」と実力差を痛感すれば、キャプテンの岩尾憲は「まだまだ足りないところだらけ」と反省を口にした。

 横浜戦のゲームプランを岩尾に訊くと、「丁寧につないで相手をひとつずつ剥がして、相手が出てきたら空いたスペースを使うスタイルを志向している。だから今日も同じように相手のプレスを待ちました」とリカルド・ロドリゲス前監督時代から大事にしてきたポゼッションスタイルを貫いた。

 もちろんリスク回避としてロングボールをゴール前に入れる選択肢も持っていたという。
 
 ただし、横浜のハイプレスはひと味違った。J2であれば簡単に剥がせていたシーンでも、J1のトップレベル相手にはなかなか難しい部分があったようだ。

「相手のスピード感やプレッシャーで(ゲームを)コントロールしていると言うより、プレスによって『コントロールされている』『つながされている』印象でした」(岩尾)

 実際に決勝点はビルドアップを狙われてショートカウンターから奪われたゴールだった。

 岩尾は「負けてワイワイしているわけはない。ただ、下を向いていてもしょうがない。勝つ確率がそんなに高くないのは分かっている。その確率を挙げるためにチームみんなで助け合いながらやっていきたい」と今後の抱負を口にする。

 徳島は積み上げたポゼッション戦術を貫いて今季初勝利を挙げられるか。次節は21日(日)にホームで横浜FCとの一戦に挑む。

取材・文●古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)

【J1第5節PHOTO】横浜1-0徳島|前田の今季6発目で横浜が3連勝。ホームゲーム250勝を達成!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ