横浜が徳島を1-0で下してリーグ3連勝‼ 前田の今季6ゴール目が決勝点に

カテゴリ:Jリーグ

古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)

2021年03月17日

横浜は10分の先制点を守り切る

前田の今季6ゴール目を守り切った横浜。リーグ3連勝となった。写真:滝川敏之

画像を見る

 J1リーグは3月17日、第5節の9試合を開催。ニッパツ三ツ沢球技場では、横浜F・マリノス対徳島ヴォルティスの一戦が行なわれ、横浜が1-0で勝利を収めた。

 序盤はリーグ2連勝中と好調な横浜がボールを握る展開で、スコアは開始10分で動く。
前田大然が相手CBからボールを奪うと、そのままドリブルでゴール前へ。GKとの1対1を冷静に制した。これで前田はシーズン6点目となった。

 横浜はその後もスピードのある仲川輝人やエウベルらを中心にゴールへ迫る。

 一方の徳島はショートパスとロングパスを併用しながらゴールを目指すも、なかなかシュートまで持ち込めない。

 横浜がペースを握った前半はホームチームが1-0とリードして折り返す。
 
 後半に入っても攻め続ける横浜は60分、マルコス・ジュニオールが左サイドからペナルティエリア内へ浮き球のパスを送ると、こぼれ球を拾った前田が右足を振り抜いて、ゴールネットを揺らす。

 ただ、VARのチェック後、主審はオンフィールドレビューを実施。その結果、直前にM・ジュニオールのファウルがあったとして得点は取り消しになった。

 反撃したい徳島は69分にエース・垣田裕暉を投入。すると、河田篤秀や宮代大聖にシュートが生まれるなど、徐々に流れを引き寄せる。

 しかし、粘り強い守備でゴールを許さなかった横浜が結局1-0で勝利。リーグ3連勝となった。対する徳島はリーグ3連敗となった。

取材・文●古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)
 
【関連記事】
【J1ベストイレブン】MVPは横浜の“スピードスター”! ビッグセーブ連発の守護神も堂々の選出
2ゴールの前田大然は「好きではない」守備でも貢献。横浜の今後を担うキーマンだ
「横浜案内してよ」仲川輝人&石津大介の2ショット写真で大喜利!? 「めっちゃ速いな」
徳島、違反行為でサポーター1名の入場禁止処分を発表。岸田社長が遺憾の意「あれだけお伝えしたにもかかわらず…」
「なんだ、このオジサンはって」内田篤人氏がセルジオ越後氏との“秘話”を明かす!「それから俺の悪口を言わないようになった」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ