【J1採点&寸評】鳥栖2-0柏|最高点「6.5」は3人。2得点の林、J1初先発の田代、あとひとりは?

カテゴリ:Jリーグ

荒木英喜

2021年03月18日

鳥栖――見事な縦パスを供給した背番号3

【警告】鳥栖=田代(54分) 柏=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】林 大地(鳥栖)

画像を見る

[J1第5節]鳥栖2-0柏/3月17日/駅前不動産スタジアム

【チーム採点・寸評】
鳥栖 6
先発5人を入れ替えたせいか、攻撃にリズムが生まれず苦戦。少ないチャンスをゴールにつなげた。

【鳥栖|採点・寸評】
GK
40 朴 一圭 6
11本のシュートを浴びるも、厳しいコースは少なく安定したセーブ。風のせいかフィードが不安定だった。

DF
47 中野伸哉 6
高精度のクロスは少なかったが、クリスティアーノや北爪と対等以上に渡り合った。

DF
30 田代雅也 6.5
J1リーグ戦初先発で無失点勝利に貢献。持ち味のハイボール処理は清々しさすらあった。

DF
3 エドゥアルド 6.5
先制点につながった縦パスは見事。いつもどおり守備の安定感を発揮してチームを支えた。
DF
31 大畑歩夢 5.5(61分OUT)
右サイドでの主導権争いは見応えあったが、縦への推進力を発揮できず61分で交代。

MF
4 島川俊郎 5.5
アンカーでプレーしてビルドアップのタクトを振る。攻撃にスピード感はなく、物足りない印象。

MF
23 本田風智 5.5
相手の間でボールを受けようと走ったがチャンスを広げられず。ピンチを招くパスミスもあった。
【関連記事】
鳥栖が開幕から4戦連続の無失点を継続中。これまでのJ1リーグの記録を振り返ると…
なぜ鳥栖は失点しないのか? 守護神・朴一圭が語る堅守の理由
本当に「信じる」べきなのか。危機感を覚えた柏の攻撃を考察
森保ジャパン、国内組“最強メンバー”は? モンゴル戦も考えれば冒険的な選考にはならないだろう
日本代表、国内組のベスト布陣を探ってみた。欧州組の招集が不透明な状況で日韓戦のピッチに立つのは…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ