本当に「信じる」べきなのか。危機感を覚えた柏の攻撃を考察

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2021年03月11日

ポゼッションという道を信じて進むべきだと思うが…

リーグ開幕からの公式戦4試合で、3戦無得点。柏の攻撃はいまいち機能していない。写真:徳原隆元

画像を見る

「これから実現しようとしているものを信じて戦い続けるしかない」

 0-1で敗れた名古屋戦後、柏のネルシーニョ監督は選手たちにそう伝えたという。ハーフタイムには「奪ってからはもう少しボールを握って、我々のテンポでボールを動かそう。良い守備から良い攻撃につながるように、自分たちのやろうとしていることを信じて戦おう」と選手に話し、後半は「しっかりと自分たちのテンポでボールを動かすことができた」と評価したのだから、信じる道とはポゼッションだろう。

 確かに挽回した後半は猛攻を仕掛けた。JSTATSによると柏は、前半はシュート1本、ボール支配率40%だったが、試合終了後のスタッツでは前者が10本、後者が50%まで持ち直している。改善した後半のオフェンスは、数字上では信じて然るべきものだった。

 選手の体感としても、後半の攻撃には手応えがあったようだ。前半の反省を踏まえつつ、上島拓巳が語る。

「ビルドアップのスタートとして僕と大南(拓磨)選手が効果的な配球をできなかったことが、(前半に)なかなかゴール前までボールを運べなかった原因。後半はビルドアップの入り口で少し改善が見られたので、押し込める時間帯が増えました」

 そして具体的な改善法は「ポジショニングと意識付け。それを行なうことによって改善できました」と明かした。

 監督、選手のコメントともにそのとおりだし、筆者もポゼッションという道を信じて進むべきだと思う。なぜならオルンガがいない現メンバーなら、ボール保持が適正戦術だからだ。しかし、リーグ開幕からの公式戦4試合で、無得点で敗れたのは3度目。危機感を拭いきれない。改善すべきポイントは他にもある。

 気になったのはふたつ。ひとつ目は攻撃の緩急だ。

 確かに後半はポゼッションで敵陣に押し込んだが、正直なところそれでも柏に得点の可能性は感じなかった。理由はパス回しが一定のリズムで進み、その間に相手に守備ブロックを構築されてしまっているため。統制された壁に突っ込めば撥ね返されるのは必然である。

 唯一、今後のヒントになる好プレーは82分、椎橋慧也から縦パスを受けた仲間隼斗が江坂任へつなぎ、10番が素早く左足を振り抜いたシーン。シュートこそ外れたが、スピードアップしたおかげで、相手DFの対応はやや間に合っていなかった。
【関連記事】
【J1採点&寸評】柏0-1名古屋|決勝点の稲垣は採点「7」。同じく最高点でMOMに選んだのは…
アウェーの名古屋が1-0で柏を撃破!殊勲の決勝ゴールを決めたのは…
【柏】江坂任は代えがきかない存在か。理由となる“稀少なスキル”とは…
【柏】瀬川祐輔の無名時代。「きっと生意気だった」中学・高校から、「怒られっぱなし」の明治大での変化
新旧“怪物”比較。オルンガとエムボマはどっちがスゴイのか?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ