「プロ意識の高さは完璧だった」ネフチ移籍が秒読みの本田圭佑、イタリア紙がミラン時代を回想!「時には謎の物体だったが…」

カテゴリ:海外日本人

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年03月14日

「ホンダを覚えているか?」とアゼルバイジャン行きを伝える

ネフチ移籍に近づく本田のミラン時代をイタリア紙が振り返った。(C)Getty Images

画像を見る

 ミラノを去って、もうすぐ4年だ。だが、本田圭佑の去就は今でも一部のイタリア・メディアに取り上げられている。

 2014年から17年までミランでプレーし、名門の背番号10を纏った本田は、イタリアを離れてからメキシコ、オーストラリア、オランダ、ブラジルと渡り歩いた。昨年末でボタフォゴを退団し、ポルティモネンセと契約したが、リーグ規約で登録できなかったことが判明。新天地を探していた。

 その本田は3月13日、ツイッターで「Azerbaijan」と投稿。報じられていたアゼルバイジャン・リーグ挑戦を認めたかたちだ。新たな挑戦の舞台になるとみられるネフチ・バクーは、クラブ公式チャンネルで空港に到着した本田の様子を伝えている。

【動画】新天地はアゼルバイジャンに!空港でネフチのファンから歓迎を受ける本田の様子はこちら
 イタリア紙『Gazzetta dello Sport』は同日、「ミラニスタ・ホンダを覚えているか?今はアゼルバイジャンで」と、日本人MFが新天地を明かしたことを報道。「地平線を変えることを恐れなかったのは確かだ。今、ケイスケ・ホンダは新たな冒険を迎える」と伝えた。

 ミランで92試合に出場し、11得点を挙げた本田だが、財政難にあえいでいたベルルスコーニ体制末期だったこともあり、クラブの低迷期に在籍した3年半だった。

『Gazzetta dello Sport』紙は、その3年を「光と影があった。ときには謎の物体、ときには絶対的に有益だった」と表現したうえで、本田の姿勢が評価されていたと報じている。

「いずれにしても、彼はミラン・サポーターの間に好ましい記憶を残した。特にプロ意識の高さだ。練習でもピッチの外でも、つねに非の打ち所がなく完璧だった」

 ただ、近年はピッチで結果を出せていないのも確かだ。アゼルバイジャンの地で、本田はどのようなプレーを見せるだろうか。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ