「悪趣味な冗談だった」ブラジルを去った本田圭佑に元Jリーグ監督が怒り! 同僚やボタフォゴ関係者も批判「連れてきたことを後悔」【現地発】

カテゴリ:海外日本人

リカルド・セティオン

2021年01月21日

「チームのアンバサダーをしたいと言っていたが…」

ボタフォゴを退団した本田に厳しい言葉が浴びせられている。(C) Getty Images

画像を見る

 本田はブラジルを出て行った。しかしパーティー動画の一件は、いまだに話題となっている。

 コロナ禍でパーティーをする動画が拡散すると、本田は自身のツイッターで「Sorry」と謝っていた。しかしその舌先の乾かぬうちに、ポッドキャストでは「僕は後悔していない」と言っている。ではあの謝罪は何だったのか。

 この本田の態度にサポーターは怒りのコメントをあちこちで出しているが、それファンだけでは留まらなくなった。

 ボタフォゴを率いるエドゥアルド・バロッカ監督もこの本田の言動にはさすがにがっかりしたようだ。ラジオ局『TUPI』のインタビューでこう語っている。

「本田は、できるならボタフォゴを退団した後も、チームのアンバサダーをしたいと言っていた。しかしその後の彼の振る舞いを見ると、結局彼はチームを少しも愛していないことがよくわかった」

 チーム幹部の中で、最初に本田批判の口火を切ったのは、ボタフォゴのマーケティングのサブ責任者であり、同時にチームのエグゼクティブコミッショナーを務めるリカルド・ローテンベルグだ。本田がボタフォゴに加入する時に、主に窓口となり交渉に当たっていた男は、失望を隠せない様子だった。

「本田はボタフォゴの救世主となれると、私は常々言ってきていた。しかし今はそれが恥ずかしい。本田を連れてきたことを後悔している。こういう終わり方を見ると、本当に自分のしてきたことが悔やまれてならない」
 
 かつて南アフリカ代表や、ボタフォゴも率いたことがあり、2006年にはベガルタ仙台の監督も務めたジョエル・サンタナは自身のYouTubeチャンネル、「Podcast do Papai(パパのポッドキャスト)」で今回の件について怒りを爆発させている。

「本田はいったいここに何をしに来たのだ。彼は自分が見えていないのか。反省するということはないのか。結局彼はブラジルでプレーするコンディションにはなかった。ブラジルは暑い。そういうことも考えずにここに来たのか。中盤で適当にパスでも出していれば騙せるとでも思ったのか。

 本田にはたしかに才能はあるかもしれないが、ここでは誰もそれを見ていない。多分日本に置き忘れて来てしまったんだろう。彼をリオのどこかに置き去りにしたら、きっとボタフォゴの本部にさえたどり着けないだろう。自分がどこに向かっているのかもわからないのだから。リオでの本田は、悪趣味な冗談だった」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ