• トップ
  • ニュース一覧
  • 「最も変な奴だった同僚は?」S・ラモスの回答は“居眠り事件”を起こしたフランスの元10番「誰とも仲良くしていなかった…」

「最も変な奴だった同僚は?」S・ラモスの回答は“居眠り事件”を起こしたフランスの元10番「誰とも仲良くしていなかった…」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月14日

「彼は言葉を学ぼうとなかった」と明かす

マドリーで16年目のシーズンを戦っているS・ラモスが「最も変だった同僚」に認定したのは? (C) Getty Images

画像を見る

 レアル・マドリーの主将セルヒオ・ラモスが、eSportsゲーマーやユーチューバーとして人気を博しているイバイ・ラノス氏のインタビューに応じ、様々な質問に答えた。3月12日、スペイン紙『AS』が報じている。

 そのなかで興味深かったのが、「ロッカールームで一番変な奴だった選手は?」というクエッションだ。スペイン代表DFは、元フランス代表MFの名前を挙げた。

「ベンチで居眠りをしていたフォベールだね。時差ボケがあったんじゃないかな(笑)」

 2009年1月にウェストハムからレンタル移籍してきたジュリアン・フォベールの「居眠り事件」は有名だ。本人は後に、「30秒ぐらい目を閉じていただけ」と釈明したが、ほとんど戦力になっていなかったこともあり、当時はマスコミの餌食となった。

【画像】目を閉じていただけ?物議を醸したフォベールの居眠りシーンはこちら!
 そのフォベールは、ロッカールームでも浮いた存在だったようだ。S・ラモスはこう続けている。

「彼は言葉を学ぼうとなかったし、誰とも仲良くしていなかった。加入した時、彼はとても若かったけど(S・ラモスより3つ年上)、僕とは正反対の側にいる人だった」

 結局、フランスの10番も背負った男は、ファンデ・ラモス監督の下で与えられたチャンスは2試合のみで、半年間でマドリーを去った。それでも、S・ラモスに与えたインパクトは、ある意味で小さくなかったようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「居眠り事件」「出場時間は半年で54分」元フランス代表の“10番”が失意のマドリー時代を回顧!
「腕が折れなかったのは奇跡」S・ラモスが批判した“PKなしシーン”、CL決勝でサラーを負傷させたファウルに酷似と話題「お前が言うな」
【ダメ助っ人列伝】「イチモツの大きさ」だけが伝説となったインテルMF
「クボは素晴らしい、何か違うんだ」久保建英を同僚のセルビア代表MFが絶賛!出番が少ない現状については…
「パリSGに騙されている」そう言い返したS・ラモスをペレス会長は突き放し…難航する契約延長交渉の舞台裏【現地発】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ