連載|熊崎敬【蹴球日本を考える】戦術・技術で敵を圧倒した柏。肉弾戦でも戦う姿勢を失わず

カテゴリ:Jリーグ

熊崎敬

2015年04月23日

柏は全北の圧力を怖がらず、中盤のパスワークで勝負した。

柏は前半で3点のリードを奪う。技術的にも戦術的にも柏は全北を上回っていた。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 終了間際、クリスティアーノが強引にシュートを撃ったところから逆襲を食らい、柏はCKのピンチを迎えた。嫌な予感を覚えたファンも多かったはずだ。だが柏はCKを弾き返し、直後、終了の笛が鳴る。3-2の勝利、そしてグループステージ首位通過が決まった。

【ACL5節PHOTOハイライト】柏 3-2 全北現代
 
 この試合も含めて柏はACLで過去6度、全北と対戦、5勝1分けと圧倒している。だが全北は、昨年9月から公式戦27試合無敗を続けるKリーグ屈指の強豪。そんな難敵を撃破したところに柏のたくましさが見て取れる。
 2012年、13年に続くベスト16進出。グループステージ敗退が一度もなく、苦戦が続く日本勢の中でもっともアジアに強いチームと言えるだろう。
 
 前半は柏が完璧に近いプレーを見せた。9分、エドゥアルドがCKからヘッドを決め、20分、39分に武富が加点する。
 
 快調な試合運びの原動力となったのは、茨田、大谷、栗澤が組む中盤のトライアングルだ。
 吉田監督は、試合運びの狙いを次のように明かした。
「圧力が強く、これといった穴のない全北に対して、どこで優位に立てるか。スタッフで話し合ったんですが、それは中盤だということで一致した。中盤で勝つ、中盤でどのように時間を過ごすかが、この試合のカギになると考えた」
 
 柏は全北の圧力を怖がらず、中盤のパスワークで勝負する道を選んだ。これが功を奏する。全北は、中盤の最後尾でひとりでパスをさばく茨田に圧力をかけようとしたが、彼はノーミスに近いさばきを見せ、文字通り敵を寄せつけなかった。これには絶妙なタイミングでパスコースに顔を出した大谷、栗澤のベテラン勢のサポートによるところも、もちろん大きい。
 
 雨で濡れたピッチに、スタッカートの心地よいリズムで次々とパスが通る。中盤の3人が全北を揺さぶり、フリーになった右のクリスティアーノ、左の武富が面白いように背後を取った。3ゴールが生まれ、勝負は前半で決まったかと思われた。
【関連記事】
【柏】エース戦記 | 工藤壮人「レイソルは日本のプライドを背負わないといけない」
【柏】ACL決勝トーナメント進出を手繰り寄せた「気迫」と「一体感」
【ACL5節】武富が2発!! 最終節を待たず柏がグループ首位突破を決める!
連載|熊崎敬【蹴球日本を考える】本気を出さずに負けた浦和。ペトロヴィッチではもう限界が見えている!
【ナビスコカップ4節】鳥栖の『エース候補』、18歳の鎌田大地がインパクト十分のJ初先発!!
【CLポイント解説】疑問が残ったシメオネとズバリ的中のアンチェロッティ――名将の采配がマドリードダービーの勝敗を決する
【CLポイント解説】ユベントスが耐え抜いた「0-0」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ