【J1採点&寸評】大分1-1徳島|最高殊勲はギラつき感が半端ないストライカー! 先制点演出の司令塔にも高評価

カテゴリ:Jリーグ

柚野真也

2021年02月28日

大分――ルーキーが開幕スタメンを飾る

【警告】大分=なし 徳島=なし
【退場】大分=なし 徳島=なし
【MAN OF THE MATCH】渡邉新太(大分)

画像を見る

[J1リーグ1節]大分1-1徳島/2月27日(土)/昭和電ド

【チーム採点・寸評】
大分 5.5

前半は狙いどころでボールを奪えず、攻撃も停滞。後半から守備時のシステムを変更し、選手交代で流れを作り何とか勝点1を得た。

【大分|採点・寸評】
GK
1 高木 駿 5.5

連係の乱れから失点に絡んだが、落ち着いたビルドアップで後方から攻撃の起点となった。

DF 
3 三竿雄斗 5.5

昨季から入れ替わった最終ラインのリーダーとして思い描く完成度を見せることができなかった。

4 坂 圭祐 5.5
前半はチームの約束事にとらわれ過ぎた印象だが、同点ゴールにつながるロングフィードで持ち味を発揮。

15 小出悠太 6
守備の安定感は抜群。1対1の強さだけでなく、攻撃参加した際はクロスで見せ場も作った。
 
MF 
6 小林裕紀 5.5

重心を後ろに置き安定感をもたらす。攻撃に参加する場面は少なかったが、バランスを保ち黒子に徹した。

10 野村直輝 5.5(HT OUT)
ボールを受ける位置がゴールから遠く、決定機に絡むプレーは少なかった。接触で膝を痛め前半で交代。

17 井上健太 6 (90+7分OUT)
ルーキーで開幕スタメンは立派。トップスピードで敵の背後へ駆け上がり、得点に絡めたことを自信に。

【動画】大分vs徳島戦ハイライト

【PHOTO】大分1-1徳島|岸本のゴールで昇格組の徳島が先制も…新加入・渡邉の同点弾で大分がホームの意地
【関連記事】
指揮官不在の徳島、7年ぶりのJ1は敵地でドロー発進。岸本武流のJ1初得点で先制も大分と痛み分け
【J1戦力分析|大分トリニータ編】長沢、下田、坂――新戦力の“早期フィット”がチーム浮沈の鍵。主力の流出は想定内か…
【J1戦力分析|徳島ヴォルティス編】新監督いまだ来日できず…不安が募るも戦力的なマイナスなく“貯蓄”は好材料
終了間際に森重が同点弾! 浦和対FC東京は両者譲らず1-1のドロー決着。杉本の“幻の先制弾”も…
鹿島、終盤にまさかの3失点で逆転負け…ロティーナ新体制の清水が怒涛の反撃で開幕戦勝利!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ