【J1戦力分析|大分トリニータ編】長沢、下田、坂――新戦力の“早期フィット”がチーム浮沈の鍵。主力の流出は想定内か…

カテゴリ:Jリーグ

柚野真也

2021年02月07日

頭数に不足感はないが…

大分トリニータの予想布陣。FW、MF、DF部門でそれぞれ主力が抜け、補強はJ2からが中心となった。

画像を見る

 ともに片野坂体制1年目から主力で、チームに不可欠だった鈴木と岩田の移籍は痛手。坂、上夷、黒﨑らで頭数は揃えたものの、長年積み重ねた連係面の不安は否めない。GKを組み込んだビルドアップは片野坂戦術の肝だけに、攻撃面も考えると、このセクションの早期の成熟が求められる。

 一方、FWは大型ストライカーの長沢を獲得。今季もサイド攻撃が主体であれば、かなり重宝されそうで「バリエーション、オプションが増える」(片野坂監督)補強となった。ターゲットの加入によってサイドの松本や香川も持ち味のクロスをより活かせるはず。もっとも、万能型の知念やエネルギッシュな渡が抜け、やや不安が先行するが……。

 昨年から比べると戦力値は大きく下げたものの、予算の少ない地方クラブにとって主力の流出は想定内。新戦力がどれだけ早くフィットできるかがチーム浮沈の鍵になりそうだ。
 
■ポジション別戦力分析
FW
新加入の長沢はJ1で十分な実績があるとはいえ、ともにレギュラークラスだった知念と渡が退団。心許なくなった印象は否めない。

MF
昨季のチーム得点王・田中やパサーの小塚が抜けた穴は小さくない。J1初挑戦の渡邉や王者・川崎から加入した下田の奮起に期待だ。

DF
攻守で躍動していた鈴木と岩田の両主軸の退団はかなり痛い。坂、上夷、黒﨑を加えて頭数は増えたが、連係構築には時間を要しそう。

GK
2番手のムン・キョンゴンが退団した穴は、岡山で正GKを務めたポープで補填。高卒ルーキーの西川も加え、将来を見据えている。

監督
就任6年目を迎え、主力が入れ替わっても後方からつなぐスタイルにブレはない。新戦力をうまく融合させられるかが新シーズンの鍵。

文●柚野真也(フリーライター)
※『サッカーダイジェスト』2月11日号(1月28日発売)より一部修正して転載。

【J1】各チームの2021年シーズン予想フォーメーション

【2020ー21移籍動向一覧】J1・J2・J3 新加入、退団、引退選手&監督動向まとめ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ