• トップ
  • ニュース一覧
  • 「まさかこの年齢までプレーするとは」54歳となった三浦知良がFIFAの取材で想いを激白!「コーチになることは…」

「まさかこの年齢までプレーするとは」54歳となった三浦知良がFIFAの取材で想いを激白!「コーチになることは…」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年02月26日

「明日かもしれないし、2年後、3年後かもしれない」

オンライン上で誕生日イベントが実施された。(C)YOKOHAMA FC

画像を見る

 2月26日に54歳の誕生日を迎えた横浜FCのFW三浦知良が、FIFA(国際サッカー連盟)のインタビューに応じ、熱き想いを伝えている。

「チームメイトだったラモス瑠偉、中田英寿、ドワイト・ヨーク、パトリック・エムボマ、パク・チソンは全員引退したなか、ミウラは54歳の誕生日を迎え、横浜FCのために奮起している。彼がサントスとプロ契約を結んだとき、日本はまだワールドカップ出場権を獲得しておらず、『We Are The World』がレコード・オブ・ザ・イヤーを受賞し、マイケル・ジョーダンはNBAで2年目のシーズンを戦っていた」

 そう経歴を紹介されたカズはまず、自身のサッカー人生から振り返っている。

「15歳でブラジルに渡り、18歳でプロ契約を結び、ブラジルのクラブでプレーした。そこで、プロとしての振る舞い方やピッチ上での行動、サッカー選手としての仕事の考え方を学んだ。でも18歳のときは、まさかこの年齢までプレーするとは想像もしていなかった。それができたのは、毎年のようにサッカーに全力を注いできたからだ」

 キャリアは積み重なり、今季でプロ36年目を迎える。新シーズンの契約延長オファーが来た際、迷いはなかったという。
 
「横浜FCからオファーを受けたとき、自分がプレーしたいことは分かっていたので、決断するのに時間はかからなかった。ただ、若い選手と一緒にトレーニングをすることになるので、生半可な気持ちではなく、自分の心と体と相談しながら決断した。

 チームが僕を必要としていなければ契約はできないので、オファーを受けたということは、チームが僕に貢献できるものがあると判断したということ。チームの勝利のために全力を尽くしたいと思っている」

 現役を走り続けるなかで、指導者になるという考えも現時点ではない。

「今の段階でコーチになることは考えていない。そしてサッカーから離れることも考えていない。何らかの形でサッカーに関わることになると思う。いつまでプレーするかは分からない。明日かもしれないし、2年後、3年後かもしれない」
【関連記事】
「やっぱり、いい、アイツは」。内田篤人が今季注目する“若手以外のJリーガー”は?
「良いCBいるじゃんって」内田篤人が推す今季のJリーグで“注目の若手”3人は?
「イニエスタ抜きで混沌のなか始まる」スペイン全国紙がJリーグ開幕を特集!「ロティ―ナの清水入りは悪いニュースだ」
「必要な理由がわかりません」本田圭佑がコーチングライセンス問題に再び持論!「CEOになるために免許は必要ないのに…」
54歳のカズはボールをもらえなくても「前向きになれる」。その理由とは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ