Jクラブも注目の怪物ルーキーに、優勝校・国見の1年生10番も…タレント目白押しの「九州新人戦」で輝いた11人!

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希

2021年02月23日

中学時代にフットサルからサッカーへ転向したGKが躍動!

九州新人戦では多くのタレントたちが輝いた。写真は左から、大迫塁(神村学園)、北村一真(国見)、中原優心(東福岡)。写真:松尾祐希

画像を見る

 山梨学院の優勝で幕を閉じた高校サッカー選手権から、はや2か月。各チームは新シーズンに向け、新たな選手の発掘や強化を進めている。

 各地域で新人戦やフェスティバルが開催されている中で、2月20日からは第42回九州高等学校(U-17)サッカー大会が行なわれた。Jクラブのスカウトや大学関係者も集結。今季の飛躍が期待される選手たちに熱視線が注がれた。そこで今回は大会を通じて活躍した選手をピックアップ。4月に幕を開けるリーグ戦、夏のインターハイ、冬の高校サッカー選手権で活躍が待たれる11人を一挙に紹介する。

――◆――◆――

GK
緒方 要(国見/2年)
中学1年次にフットサルからサッカーへ転向し、中学2年次にGKへコンバート。県のトレセンメンバーに選出されるなど、中学3年に評価を高めて国見から誘いを受けた。中学時代は専門的なトレーニングをしていなかったが、高校入学後にGKコーチの指導を受けて才能が一気に開花。今大会は184cmのサイズを生かしたハイボール処理とシュートストップでチームの優勝に貢献した。GK歴はまだ4年。今後の可能性は無限大だ。

D F
抜水昂太(神村学園/2年)
豊富な運動量と機を見た攻撃参加で存在感を示した左サイドバック(SB)だ。ビルドアップに関わりながら、積極的に高い位置を取ってチャンスを演出。昨季はSBだけでなくボランチやセンターバック(CB)を経験し、課題の守備面も改善された。ポジション取りや対人プレーの強度が増し、今大会は攻守でチームに貢献。フィジカル面を強化すれば、一つ上のステージも見えてくる。

杉本 蓮(熊本国府/2年)
今大会、チームは4失点。連係面で課題を多く残した一方で、個人としては当たり負けしない身体と空中戦の強さで存在感を発揮した。屈強な九州のFW陣に力負けしないパワーだけではなく、初戦の佐賀東戦では対角線上に正確なボールを蹴り込んで攻撃の起点になった。「プレッシャーが低い時に良いボールが蹴れる。強度が高い試合でどれだけ蹴れるかが課題」とは佐藤光治監督の言葉。常に安定したパフォーマンスを見せ、さらなるステップアップを実現したい。

宝納拓斗(佐賀東/1年)
今冬の高校サッカー選手権にも1年生で先発出場するなど、期待値が大きいCBだ。スピードと高さを兼ね備えており、今大会は強豪校のFWと互角以上の勝負を演じた。ポジショニングやキックの精度は課題だが、ポテンシャルは一級品。継続して試合に出続ければ、才能が花開く可能性は十分にある。

濱崎聡馬(鹿児島城西/2年)
最大の武器はエアバトルの強さ。3バックの一角で先発出場した国見との初戦ではCKから高打点のヘッドを叩き込み、180cmを超える上背を生かしたプレーで“らしさ”を発揮した。また、ロングフィードの質も悪くなく、最終ラインから配給役を担えるのも特徴のひとつ。チームを5年ぶりの選手権出場に導く上で、欠かせないタレントであるのは間違いない。

【PHOTO】九州新人戦で輝きを放った11人! 優勝した国見など来季の高校サッカーで注目のタレントは…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ